佐藤有香選手のアクティブレストと入浴後の保温 明日はメルマガ発行

トライアスロン選手の佐藤有香さんは、ハードな競技の後も、何もせずゆっくり休息する期間はほとんど作りません。


いわゆるアクティブレストを重視していて、休息のために体を動かすという方法をとるのです。


普段の練習は


・水泳約7000メートル
・自転車3時間半
・ランニング2時間


というハードなものですが、上の練習量を三分の一にしたメニューで体を動かすアクティブレストにより疲労からの回復を図ります。


「休日」であっても、2時間は自主トレを行い、2日も休むと不安になるのだとか。

レースの後にも、少し体を動かします。


佐藤選手は


「私の場合、完全に何もしない休みはほとんど作らないようにしています。カラダを動かしていた方が疲れがたまらないんです」


と語っています。


レースの二日前には、「ヒートショックプロテイン入浴」を必ず行います。


40~41度のお風呂に20分間入浴した後、すぐに厚着をして20分程度保温するのです。


これを行うことで傷んだ筋肉が普段よりも早く回復し、試合でも全力を出せるのです。


練習の後にはアミノ酸、マルチビタミン、コラーゲンなどをサプリメントで補給します。


4~9月のハイシーズンは毎週のようにレースに参戦し、10~3月は基礎力をアップするためのトレーニングに当てています。


明日(2015年8月30日)はメルマガを発行いたします。


最近のマイブーム(?)である卵についてお知らせします。

卵ってイイなぁ、という気持ちがますます強くなってます。

いつものように19時ごろ発行いたします。


アクティブレストで疲れをとる!―動いて休むセルフボディメンテナンス 『積極的休養』の活用術 (からだ読本シリーズ)
アクティブレストで疲れをとる!―動いて休むセルフボディメンテナンス 『積極的休養』の活用術 (からだ読本シリーズ)


↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

武豊さん ケガ後の肩甲骨への意識 明日はメルマガ発行

騎手の武豊さんは2010年3月、レースで落馬し、左鎖骨などを骨折する重傷を負います。


このケガを機に、トレーニングの内容が変わりました。

リハビリの延長で、理学療法士のアドバイスを加味した運動をするようになったのです。


そのひとつが


ものを引っ張るとき、手ではなく肩甲骨で引っ張る動き


の練習です。


武騎手の20年来の友人であるイチロー選手も、ことあるごとに肩甲骨の重要性を論じるそうです。


「イチローはいつも肩甲骨、肩甲骨ってうるさいな、と思っていたんですけど、自分でやってみて納得しました(笑)」


馬上で中腰になったときの負担を軽くするためのトレーニングも始めました。


といっても負荷はかけず、しゃがんだ姿勢から立ち上がる動きを反復するだけです。


ドバイのホテルにあるトレーニングルームで、欧米の騎手たちと一緒になったときのこと。


周囲が皆マシンを使って筋トレしている傍らで、この動作をする武騎手を、他の騎手たちは不思議そうに見ていたそうです。


雑誌「週刊現代」2014年5月3日号204~207ページを参考にしました。


明日(2015年7月15日)はメルマガを発行いたします。

世界一ご長寿さんと卵の食べ方について、私の考えも交えと一緒にお知らせします。

いつものように19時ごろ配送予定です。

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

平井伯昌コーチのトレーニング 腹筋や腕立て 明日はメルマガ

平泳ぎ金メダリスト・北島康介選手らを指導した、競泳日本代表の平井伯昌ヘッドコーチは、50代になって体力の衰えを感じるようになってきました。

そのため、地道に運動して筋力を戻すよう意識しています。
多少体重が増えても構わないので、とにかく体を動かします。

(平井コーチの体格は身長174cmで84kgです)


選手と一緒にトレーニングを積極的に行っていて、


・腹筋30回
・腕立て伏せ合計100回
・ランジ
・ストレッチ


といったメニューをいくつかこなし、ウォーキング、陸上トレーニングを加えることもあります。


競泳選手は朝練をするため、平井コーチも3時30分~5時に起きるのが習慣になっています。
朝食の時間も早く、4時半に食べることも。

朝風呂にもよく入ります。


平井コーチのサイトには、コーチの考え方や指導しているチームの近況などもアップされています。

Hirai Racing Team
http://www.hirairacingteam.jp/


雑誌週刊新潮 2013年 9/19号58~59ページ
「私の週間食卓日記」を参考にしました。


明日はメルマガを発行いたします。

いま話題になっている(?)玉子をたくさん食べる健康法についてお知らせします。
いつものように19時ごろ配送予定です。


突破論
突破論

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

清水宏保さんの腰痛 事故とすべり症

98年の長野オリンピックで金メダルを獲得した、元スピードスケート選手の清水宏保さんは、現役時代ひどい腰痛にずっと悩まされてきました。

最初に腰を傷めたのは、大学2年生のときです。

ハードな練習をした日の夜、ぎっくり腰になってしまったのです。


すぐ整形外科に行き対処しましたが、一週間の安静が必要でした。

痛みがひいて徐々にトレーニングを再開しましたが、疲れが溜まるたびにぎっくり腰が出たそうです。


清水さんの腰を決定的に悪化させたのは、01年の冬に遭遇した交通事故です。


清水さんの運転する車が、横から別の車に突っ込まれたのです。

衝撃はものすごく、清水さんいわく「これまで感じたことのない腰痛」に苦しめられることになります。


体重をかけると足の甲がズキズキ痛み、歩けなくなります。

トイレに行くのもやっとで、壁伝いにどうにかトイレに入っても、「大」をした後はお尻を拭くのにも時間がかかります。


重度の腰椎変形すべり症になっていたのです。


これはソルトレイクシティ・オリンピックの三カ月前の話で、「金メダルは確実」と言われていましたが、体調はこれほど厳しかったのです。


痛みと闘いながら練習を重ねた結果、本番では銀メダルを獲得します。

その後はあらゆる治療法を試し、手術も経験します。


痛みを和らげるための試行錯誤も繰り返し、どうにか腰痛と付き合っていける状態にまで改善させました。


しかしすべり症の影響で、現在でも30分連続で立ち続けていると足がしびれてきます。


じっとしていると筋肉が固まってくるため、講演などでは歩きまわって筋肉を動かしています


清水さんいわく

「講演のとき落ち着きがないのは、そんなわけです」

なのだそうです。


清水さんの著書「金メダリストが考えた 世界一の腰痛メソッド」9~13ページを参考にしました。


↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

藤原新・太田雄貴選手の食事・プロテイン・アミノ酸

いきなりですが、明日(2013 12/10)はメルマガを発行致します。


先日、久しぶりに(?)体に悪そうなものをガッツリ食べてしまいました。

すると翌日以降、お約束の症状が。

編集後記では、この件をお知らせします。


メイン記事は、体のバランスについて。

自分の軸足はどちらかわかります?


いつものように19時頃配送予定です。


さて、今回はトップアスリートのサプリメントや食事についてお知らせします。


マラソンランナーの藤原新さんがサプリを初めて利用したのは中学時代で、飲んだのは明治の「VAAM」だったそうです。

サプリ摂取を本格的に意識し始めたのは高校生から。

アミノ酸やプロテインを一日数回とるようになりました。


練習の疲労が残らなくなり、何より大きかったのは故障が減ったことです。


藤原さんはランニングのダメージが残りやすい体質で、足の甲や腱をよく傷めていたそうです。


「サプリを摂る前は栄養不足の状態で身体を追い込んでいた。それが故障リスクを高めていた」


のだとか。


現在までに様々なサプリを試しましたが、ここ数年で摂取しているのはアミノ酸だけです。

プロテインは飲んでいません。


飲んでいるのは GNLabの「エッセンシャル・スクエア」で、練習の前後に、追い込む時期は量にして一回6g程度摂取しています。


アミノ酸以外の栄養素は、できるだけ食べ物から摂るように心掛けているそうです。


現在藤原さんは冬のレースに向けて身体を作っている段階で、食事とサプリ摂取の流れはこんな感じです。


練習日は朝起きてそのまま何も摂らずにすぐ走る

走った後にアミノ酸を摂ってから朝食

午前の練習前には特に何も摂らない
摂っても水かお茶かコーヒー

練習後にはまたアミノ酸摂取


食事で摂取するカロリーは


練習期間で4000kcal
レース直前は3500kcal


に調整しています。


藤原さんは、レース前のカーボローディングにはサプリを使わず、カステラや羊羹を食べるそうです。


食に対しては


「普通に食べていれば栄養バランスってある程度とれると思うので、バランスはそれほど気にしていません」


という考えですが、


「運動するなら、必須アミノ酸だけは気にするべき。

練習後は欠かさずアミノ酸摂取。
これを続けるとケガしにくくなったり、疲れにくくなるなどカラダは自然と変わってきます。

これは自分の経験上、実感している部分です」


と主張しています。


藤原さんはアミノ酸摂取の重要性を強調されていますね。

一般ランナーにも参考になるのではないでしょうか。

またフェンシングの銀メダリスト太田選手がサプリの重要性に気付いたのも高校生の頃だったそうです。

(藤原選手と似てますね)


「食事だけでアスリートに必要な栄養素を摂るのは大変」と感じ、サプリをうまく利用する必要があると気付きました。


藤原選手と違い、太田選手はプロテインも摂取しています。


10代では代謝も良く身体も成長しており、また一日中練習漬けだったため練習後にはプロテインを大量に摂っていたそうです。


太田選手の場合、サプリをとるのは疲労を回復させるためです。

競技の特性上、身体を大きくする必要はないからです。


プロテインだけでなく、アミノ酸も利用します。

運動前に摂取して肉離れなどの故障を予防するのです。


その他、太田選手の食事とサプリに関して。


・朝は基本的に食事だけ

・ビタミンB群は不足しやすいので朝食後にサプリでとる これはカゼ予防目的でもある

・午前の練習がハードだと食欲不振になりがちなので練習後に炭水化物系プロテインを飲む

・昼食をとって午後の練習が終わったら上と同じプロテイン摂取


太田選手は夜プロテインを飲むのが苦手だそうで、代わりにBCAA系のタブレットを摂取します。

超回復およびケガ治癒力向上目的があります。


太田選手も試合前はカーボローディングを行います。


また体重を毎朝同じ時間に測定し、体調の把握と共に「体重○kgの時の練習ではこんな感じだった」と調子の良し悪しを見極める材料にしています。


【プロアスリート仕様 筋肉育成総合アミノ酸サプリメント】 エッセンシャル・スクエア(192g) アミノ酸サプリメント(粉末)【基本送料込】 プロテイン代替
プロアスリート仕様 筋肉育成総合アミノ酸サプリメント エッセンシャル・スクエア

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

藤原新さん 良いランニングフォームの条件

熊本もガッチリ寒くなりました。

入浴後のテキトーな格好が許されなくなり、外出の際も最高レベルの冬服になっております。


さて、先日「腹筋を使ったランニング」についてお知らせしました。


腹筋を意識して走ると走りが安定し、ラクに走れるのです。

これに関連して、以前メルマガでお知らせした記事をエントリー致します。


マラソンランナー 藤原新さんが「良いランニングフォームとは?」について語っています。


私は忘れていたのですが、藤原さんの考える理想のフォームもお腹が関係しているのです。

「なんで調子の波があるんだろう。

体調が最高でも走れなかったり、そうでもないのに走れたり。


これはどういうことかという疑問があって、それを説明するのにフォームの違いということにしか辿り着けなかった。


そこから、調子というのは7割ぐらいはフォームで決まるのではないかと思ったんです。


じゃあ、どういうフォームがいいかとなった。
それからが長かったですね(笑)。


今の自分の理想のフォームですか?いやあ、説明は難しい(笑)。


しいて言えば、下腹部、腹をうまく使えていることですね


フォームがよければ質の高い練習ができるわけではない。


どんどん質の高いトレーニングをぶち込んで、ガムシャラにやって、それができたのなら、結果的にいいフォームだよねっていう感じです。


それの方が逆に認識できると思う。

練習では20%ぐらいはフォームのことを考え、残りの8割はとにかく押していくぞという意識の持ち方をしているんです」


メルマガでも触れましたけど、お腹周りと首はランニング中に「フラフラする不安定な箇所」です。


上半身を棒と考えて、ピシッと硬い一本の棒と、フラフラする箇所のある棒を立てて前に運ぶ場合、どちらが安定するかというと、間違いなく前者でしょう。


これはそのままランニングにもあてはまります。


藤原さんの考え方を見ても、体を「硬い棒」にするための腹筋は、走りのポイントになるパーツだとわかります。


これからランニングシーズンに入るので、興味のある方は参考にしてみてください。


雑誌Tarzan 2012年 6/14号日号 124~125ページを参考にしました。

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

為末 大さん 脳疲労回復のためにランニング 座禅

2001年世界陸上400mハードルで日本人初のメダルを獲得した為末 大さんは、疲労を回復する目的でランニングを行います。


この「疲労」とは脳の疲労です。


現役時代は肉体面での疲れがメインだったので「寝ればほぼ回復した」のですが、現在では全く違う疲れ方をするそうです。


頭の疲れ方と体の疲れ方の差を強く感じていて、頭の疲れ具合も自分の中でポイント付けできないかと考えています。


「(疲れのポイントに達したので)今日はこれ以上仕事をするのはやめよう」と、オン・オフを切り替える判断の目安にするわけです。


頭の疲労を解消するには・・・


「頭が疲れているときに10kmくらい走ると気分的にもスッキリする。改めて有酸素運動の効果に気付きましたね」


だそうで、最近は朝7時から週に3~4回走っています。


為末さんは

「食事を抜くのは必ずしもおすすめではない」

としていますが、現役時代よりも体を酷使していないので、最近は一日二食で済ませることもあります。


胃に負担がかからず、疲労回復を早めることにもなるのです。


疲れているから○○をしなくてはいけない、と思い込んだり、完璧を求めすぎないのもポイントです。


自分ではどうにもならないことで疲れたら、「積極的逃避」もやります。


世間とのつながりを一切断ち切ったり、ひたすら趣味に没頭することでフラットな状態を取り戻し、疲れをとるのです。


為末さんの場合、青森県の恐山で座禅を組んだりします。


「ずっと脚を組んでいると、次第に呼吸と心臓の鼓動しか聞こえなくなってくる。ランニングと共通する部分があるのかも」


ちなみに為末さんですら、ランニングでのかかと着地とつま先着地はどちらが正しいのか悩んでいるそうです。


雑誌Tarzan No.615 2012年 11/22号 53ページを参考にしました。


走る哲学 (扶桑社新書)
走る哲学 (扶桑社新書)

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

杉山愛さんのアロマセラピー ラベンダーやカモミール愛用

とんでもなく暑い日が続いています。


熱中症で救急搬送される人も続出しているとか。


水の事故も相次いでますね。


以前も提案しましたけど、水辺でのレジャーには、使う使わないに関わらず、浮き輪や小さなゴムボートなど、とにかく「浮くもの」を持参してはどうでしょうか?


いざという時、友人や家族の救助に使えるだけでなく、誰かの命を救えるかもしれません。


夏休みも始まります。


水辺でのレジャーの予定があるなら、ぜひご一考ください。


さて、今回のエントリーは有名人の健康関連話です。


「暑さ対策」としても参考になります。


プロテニスプレーヤーの杉山愛さんは、アロマセラピーを積極的に利用してきました。


プロデビューして間もない約20年前、遠征先のアメリカでエッセンシャルオイル(精油)に出会いました。


興味はあったのですが当時は情報が少なかったため、専門書で効用や調合方法を独学しました。


疲労がたまって身体が硬くなったら精油を調合したオイルでマッサージをしたり、バスソルトに混ぜて入浴剤として使いました。


神経が高ぶって眠れない時は、ラベンダーやカモミールの香りで気分を落ち着かせます。


芝コートの試合では、照り返しが強烈で、肌が焼けます。


精油を使うと火照った肌が鎮まって、リラックスできるそうです。


テニスは女子でも、炎天下の試合が3時間以上続きます。 選手各自で疲労を抜く術を持っていないと、勝利は得られません。


杉山さんの場合、自分を元気にしてくれる香りを持っていたのが大きな強みになったのだとか。


2011年7月9日 日経プラスワンの記事を参考にしました。


マイアロマスティック ラベンダー&カモミール 【HTRC3】


↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

蔵 健太さんのケガと筋トレ ロンドンでの生活 TPP交渉参加絶対反対!

明日(2013年 3/15)、安倍総理がTPP交渉参加を表明する、と盛んに報道されてますね。


総理本人によるその旨の発言はいまだに聞いたことがないのですが、いち国民としてここで改めて「交渉参加反対」を明らかにするため、首相官邸に「TPP交渉参加反対」のメールを送りました。


訪問者の皆さまもよければぜひ!

首相官邸 ご意見募集
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html


当ブログの管理人はTPP交渉参加に絶対反対致します。


さて、有名人の健康関連話をどうぞ。


イギリスのロイヤル・バレエ団でソリストとして活躍している蔵 健太さんは入団して2年目に左ひざを手術し、5年目には椎間板ヘルニアを発症してしまいます。

最も成長し、自分をアピールしなくてはいけない時期のケガに、蔵さんはショックを受けますが、ケガを克服するべく身体を鍛え始めます。


傷めた腰と膝を筋肉で固め、左右の身体のバランスをとるためウェイトトレーニングも開始します。

食事もちゃんと管理するようになりました。


蔵さんのロンドンでの生活はこんな感じです。


起床後に朝食
30分かけて全身のストレッチ
腕立て伏せと腹筋運動を50回ずつ(これは夜も行う)
ピラティスあるいはジムトレーニングの後、ロイヤルバレエ団へ


バレエ団では


基本レッスンを1時間15分
公演の通し稽古を5時間30分
夜の本番公演は3時間


バレエだけでおよそ10時間も身体を動かし続けているわけです。
ハンパないですね・・・。


ウェイトトレーニングでは、

ベンチプレス バタフライ ショルダープレス スクワット

などで全身を鍛えます。


雑誌「ターザン」2011 9/11号 No.588 118~121ページを参考にしました。


ダンサーなら知っておきたい「トレーニング」のこと
ダンサーなら知っておきたい「トレーニング」のこと

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

吉原知子さんとヨーグルト 日本代表チームでは

元バレーボール日本代表の吉原知子さんは、体が丈夫だった理由を


小さい頃からヨーグルトを欠かさず食べてきたから


と考えています。

ヨーグルトは今でも必ず冷蔵庫に入っていて、毎朝フルーツやシリアルにかけて食べています。


基本的には無糖で食べますが、腸の善玉菌のエサになるオリゴ糖は入れています。


最初に出場したバルセロナオリンピックの頃は、日本代表チームであっても栄養士はついていませんでした。


選手に食事の大切さを教えることもなかったそうです。


しかし吉原さんがいた実業団のチームは監督が医師の資格を持っていて、栄養士がついていました。


夏で食欲が落ちた時や、試合の前後で変わる体の状態によって何を食べればいいか、などの指導が受けられたそうです。


現在は栄養に関する指導も進み、栄養士が選手にヨーグルトを食べるよう勧めています。


スポーツ選手は成績へのプレッシャーやストレスを常に受けているので、腸内細菌の善玉菌比率が10%以下になる人もいます。


スポーツ選手は30%あるのが理想とされています。


吉原さんは子供の頃ニンジンやピーマンが嫌いでしたが、料理好きのお母さんがすりおろしたりジューサーにかけて、わからないように料理につかっていたそうです。


現在は野菜もたくさん食べて、グリーンスムージーも作って飲んでいます。


雑誌「からだにいいこと」2012年8月号126~127ページを参考にしました。


「からだにいいこと」の一覧です
楽天市場へリンクします
ヤフーショッピングへリンクします
アマゾンへリンクします


吉原知子が教える バレーボールがうまくなる99の秘訣(DVD付き) (リットーミュージック・ムック)
吉原知子が教える バレーボールがうまくなる99の秘訣(DVD付き) (リットーミュージック・ムック)

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

加圧トレーニング 佐藤義昭さん 2 筋トレ後の身体と心の変化

その1からの続きです。


負荷が変わらなかったため、ボディビルダーのような筋肉にはなりませんでしたが、熱心に続けたおかげで身体には大きな変化が起きました。

あれだけ嫌だった体育の腹筋運動テストで、一番になったのです。

走るのも速くなり、短距離でも長距離でもトップ集団に入るようになりました。


もはや虚弱体質ではなくなり、体育は得意科目になっていたそうです。


精神面にも変化が表れました。


自信が生まれ、性格が積極的に変わったのです。


授業中に発言もできなかったのに、生徒会の役員に立候補し、クラスのムードメーカーにまでなりました。


さらには食事の嗜好まで変わり、好き嫌いが無くなったそうです。


「身体を作る」必要性を感じた佐藤さんは、食べられなかった肉も積極的に口にするようになりました。


高校時代には鶏の唐揚げを1kg食べたことがあるそうですが・・・


さすがにこれはちょっと極端でしょうか?


身体を鍛えることで、肉体はもちろん精神にも良い変化が表れる典型的な例ですね。


私にも似た経験があります。


佐藤さんの筋トレが、私の場合は水泳かもしれません。
私は水泳で虚弱体質を克服できました。

私と水泳のなれそめ
http://www.murao18.com/muraonokangae/watashigasuieizuki.html

性格も確かに明るくなったと思います。


子供さんはもちろん、大人も身体を動かす習慣を新しく始めてみてはいかがでしょうか。


きっと良い方向への変化が起きますよ。


「加圧」ビューティ(DVD付) (講談社DVDブック)
「加圧」ビューティ(DVD付) (講談社DVDブック)

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

加圧トレーニング 佐藤義昭さん 1 虚弱体質だった頃 筋トレ開始のきっかけ

筋肉トレーニングで体を鍛えると、外見でなく性格も変わるとはよく聞く話です。


引っ込み思案で消極的だったのが、筋トレにより気持ちも明るく、積極的になるのです。


加圧トレーニングの考案者、佐藤義昭さんも筋トレで性格が変わったそうです。


佐藤さんは中学1年の半ばくらいまで虚弱体質でした。

小学校時代は


・遠足で乗るバスでは必ず酔う
・熱を出してすぐに寝込む
・授業の途中で具合が悪くなり学校を早退することもしばしば


で、一年のうち三分の一は病気をしていました。

偏食もひどく、野菜は苦手、肉は食べられなかったのです。


体育の時間は何より嫌でした。


腕立て伏せや腹筋はまともにできず、球技や器械体操でもクラスメートを見ているだけ。


性格も引っ込み思案で、授業中に自分から手をあげることはなく、いつも教室の隅っこにいる目立たない生徒だったそうです。


ところが中学1年生のある日、佐藤さんはテレビでボディビルの映像を偶然目にします。


選手たちの逞しさに感動し、「自分もああいう身体になってみたい」と佐藤さんは強い憧れを抱きました。


しかし当時は、身近にトレーニング機器やジムなどはほとんどありません。


そこで佐藤さんはコンクリートをバケツに流し込み、それに鍬の柄を差し込んでバーベルを自作します。


指導者もいなければ、トレーニングの解説本なども無いので、テレビの映像だけを記憶に自己流でスクワット、カール、スタンディングプレスなど行ったそうです。


その2へ続きます。


加圧トレーニングの理論と実践 (KSスポーツ医科学書)
加圧トレーニングの理論と実践 (KSスポーツ医科学書)

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

松田丈志選手 スポーツでモチベーションを維持するには

競泳の松田丈志選手は、4歳から水泳を始め、それ以来24年間ずっと泳ぎ続けてきました。


先のロンドンオリンピックでは200mバタフライで銅メダル、400mメドレーリレーで銀メダルを獲得しています。


松田選手のようにひとつの競技を長く続け、結果を出すには、モチベーションの維持が必要です。


そのためにはどんな秘訣があるのでしょうか?


松田選手の場合、まずは何より水泳が好きという理由があります。


それに加え、モチベーションを維持する保つコツとして松田選手は次のように語っています。


「日々の成長を確認する術を持つこと」


「はじめのうちはコーチについたり、スクールに通ったりして、自分の成長を少しでもいいから確認すること。
成長が実感できれば、人間、ますますやる気になるものです」


「技術がついたらどんどん大会に出てみること。
大会は、結果が良くても悪くても、もっと上を目指そうというモチベーションをもらえますから」


水泳は対人競技ではないので、自分の長所をいかに伸ばし、欠点を改善していくかがタイムを縮めるカギになります。


そのためには適切なアドバイスをくれるコーチの存在は大変重要です。


また大会に出ると自分の実力がわかりますし、たとえ記録が悪くとも「次は上手くやるぞ」という動機になるのでしょう。


スポーツをしている方は松田選手の言葉を参考にしてみてください。


松田選手のコメント部分はフリーマガジン「LIVE」vol.34 19ページから引用しました。


自分超え: 弱さを強さに変える
自分超え: 弱さを強さに変える

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

ワイナイナ選手がレース前に食べるもの 「ランナーズ」より

熊本は蒸し暑い日が続いてます。

そろそろ食中毒が気になってきました。

連休中のアウトドアでの食事等には十分お気をつけ下さい。


さて、ゴールデンウィークには各地でマラソンが開催されますね。


雑誌「ランナーズ」に、マラソンのエリック・ワイナイナ選手がレース前に何を食べるか?の特集がありました。

ワイナイナ選手は96年のアトランタオリンピックで銅メダル、2000年のシドニーオリンピックでは銀メダルを獲得し、2010年のサロマ湖100kmウルトラマラソンでは優勝しています。


ワイナイナ選手は、大事なレース前にはうどんを食べるそうです。


きっかけは2000年シドニー五輪でのレース直前の昼食です。


スタートは午後4時で、何か食べなくてはいけないのですが、ワイナイナ選手は食欲が湧きません。


サポートのシェフが心配して「何か食べたい?」と聞いたところ、ワイナイナ選手はなぜか「うどん」と答えたそうです。


結果、銀メダルを獲得。


それ以来、うどんはレース前の定番メニューになりました。


また、レース三日前にはチョコレートを、前日にはショートケーキを食べるそうです。


うどんはGI 値が高い食品です。


最近は、高GI 値の食品は敬遠される傾向が強いですが、血糖値が上がりやすいとは、すなわちエネルギーに素早く変わることを意味します。


持久力が必要な競技前に食べるのは理に適っていると言えます。


過去に何度か紹介していますが、私もうどんの持久力アップ作用は経験しています。

水泳をやってみて。私の考え その2 水泳前に食べるもの
http://www.murao18.com/undoudousashuukan/suieioyattemite2.html


連休中にレースを予定している方は、うどんを食べてみてはいかかでしょうか。

(このエントリーは雑誌「ランナーズ」 2011年12月号を参考に作成しました)


雑誌ランナーズ一覧です
ヤフーショッピングへリンクします
楽天市場へリンクします
中古品も表示されています。


早稲田大学競走部のおいしい寮めし
早稲田大学競走部のおいしい寮めし

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

野口みずきさんのケガ 筋肉とバランス アスリートが故障を防ぐために

寒いですね~!

熊本も底冷えしてます。
相変わらず暖房なしで生活してますが。


さて、本日(2012 10/27)の九州スポーツ新聞に、マラソン金メダリスト野口みずきさんの記事がありました。


左太もも裏に炎症が起きたため、29日の大阪国際女子マラソンの欠場が決まったのです。

この件に関して、ある日本陸上連盟幹部のコメントが出ていました。

目をひいたので紹介します。


「故障というのは体のバランスが悪いか筋肉の弱いところに出る。

北京五輪直前も左足を負傷したように、おそらく肉離れがしこりになっているんだろう。

それはもう針やマッサージでは治らない。
走り込めば再発してしまう」


ケガをした際、あるいはケガを予防する目的で、アスリートが筋力を強化するケースは非常に多く目にします。


古くは横綱千代の富士が脱臼を防ぐため肩の筋肉を鍛えていましたし、大リーガー松井秀樹選手は脚の筋肉をつけて膝を保護していました。


バランスについては、プロゴルファー片山晋吾選手の件を紹介しています。

体のバランスを考えるにおいては、典型的なエピソードだと思います。


片山晋呉選手は左打ちでもOK スイングへの効果など
http://www.valuableinfo4u.com/2008/12/ok_3.html


最近では、ダルビッシュ投手が左手でキャッチボールをする、という記事も目にしました。


ケガを防ぐには、筋肉とバランスがキモなのは間違いないようです。


ただし、


筋肉の鍛え方を間違うと、体のバランスを崩すことがある


のは注意すべきです。

とにかく筋肉をつけて、発達させれば良い、というわけではないのです。


現役時代の桑田真澄投手は、上半身の筋肉を鍛えすぎて下半身とのバランスが崩れ、投球フォームを崩した経験があるそうです。


パフォーマンスを向上させるため、自分のスタイル、体質を勘案しつつ、最適の筋力とバランスを実現させるのはなかなか難しいのかもしれません。


野口選手がケガを克服するのは困難、との意見もあるようですが、どうにか回復して、自身が納得いく走りができるよう復活してほしいものです。


ランニングで痛めた足はランニングで治す~スーパー鍼灸師が教える〝走りながら治す〟トレーニングメソッド
ランニングで痛めた足はランニングで治す~スーパー鍼灸師が教える〝走りながら治す〟トレーニングメソッド

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

岡田正裕さん 試合で大事な要素 食べる力 松野明美選手

拓殖大学陸上競技部監督の岡田正裕さん(熊本出身です)は、試合でもっとも大事な要素を


「集中力、判断力、注意力」


としていて、これらを発揮するためには、バランスの良い食事が欠かせないと考えています。

都道府県女子駅伝で中学、高校、社会人の混成チームを指導していた際、食事に関して、選手から毎年アンケートをとっていました。


その結果、故障が少ない、あるいは故障をしない選手は、食べ物の好き嫌いが無かったそうです。


岡田監督は、「喰い力(くいりき)がないと強くなれない」、と選手によく指導しています。


ソウルオリンピックで日本代表になった松野明美選手は、岡田監督の指導を受けていた頃の体格が148cm、33kgでした。


これだけ小柄にもかかわらず、遠征や合宿では常に二人分食べたそうです。


岡田監督は、食事は「嗜好」の問題でもあるので、あまり制限するのも良くないと考えています。


大学の昼食や、週1回許可している寮外での食事では、選手に好きなものを食べるよう言っています。


このへんは、以前紹介した末續選手の考え方と似ているかもしれません。


ちなみに岡田監督は、夏の練習後はスイカを選手に振る舞っていたそうです。

水分と糖分が補給でき、ほどよい満腹感もあって、理にかなった食べ物なのだとか。


雑誌 ランナーズ 2011年 7月号を参考にしました。


雑誌ランナーズ一覧です
ヤフーショッピングへリンクします
楽天市場へリンクします
アマゾンへリンクします
中古品も表示されています。


雑草軍団の箱根駅伝
雑草軍団の箱根駅伝

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

国枝伸吾選手の強さの秘密? 目線の高さも

車いすテニスの国枝伸吾選手は、08年のテニスパラリンピックで車いすテニスの4大会完全制覇を果たし、同年の北京パラリンピックでは全試合ストレート勝ちで金メダルを獲得しました。


国枝選手のラケットのグリップには「俺は最強だ」と書いてあります。

これは以前、メンタルトレーナーから課されたある特訓が元になっています。


その特訓とは、レストランで「俺は最強だ!」と叫ぶというもの。


最初は小声でしか言えなかった国枝選手ですが、トレーナーから「それじゃぜんぜん最強じゃない」とハッパをかけられ、ついに意を決し、「俺は最強だ!」と叫びました。


恥ずかしくて仕方なかったそうですが、叫んだことで国枝さんの中で「壁」が崩れました。


「こんな場所でも言えるのだからどこでも大丈夫!」と自信がつき、それからは世界レベルの試合でも自信を持って戦えるようになったそうです。


スポーツ競技のみならず、研究や芸術など、何かを「究める」際には、「目線の高さ」がよく取り沙汰されます。


日本チャンピオンを目指している人と、世界チャンピオンになろうと頑張っている人で、どちらがより技量を向上させるかは、言うまでもありません。


ある競技者が、「優勝以上のものを目指さないと、優勝するのはムリ」と言っていたのを聞いたことがあります。


似たような心構えは、研究や芸術の分野でも必要とされるはずです。


「2位じゃダメなんですか」などという放言は論外中の論外であり、探究することがわかっていない人間の言うことでしかありません。


国枝選手の「俺は最強だ」グリップは、目線の高さをキープし忘れないためのものでもあるのでしょう。


今すぐ使えるメンタルトレーニング 選手用
今すぐ使えるメンタルトレーニング 選手用

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

末續慎吾選手の食事 2 プロテインなどのサプリメントは?

(メルマガ記事に加筆しております)

私個人的には、「もしかしたら、末續選手の食への意識は結構いいかげんなのかも」という印象まで受けてしまいました。


少なくとも、摂取する栄養を毎日キッチリ管理するタイプではないようです。


それでもスゴい実績を残しているので、この食事管理法が末續選手に一番合っているのでしょう。

元サッカー日本代表の中田英寿選手やイチロー選手もそうですが、偏食であっても、結果を残しているアスリートは意外と目につきます。


一般人が欲する「健康」と、アスリートが求める「理想のコンディション」とはかなり違うものなのかもしれません。


あるいは、大変な少食でも筋力を維持できる人がいるように、食事で摂取する栄養が、体調にあまり影響しないとか・・・。


私は続けて、「プロテインやマルチビタミンといったサプリメントの類は利用されてますか?」と聞いてみました。


すると末續選手の答えは


「いえ、私は全く使っていません。プロテインなどを愛用している選手は確かにいますけどね」


であり、続けて


「せっかくちゃんとした食材があるのだから、栄養は食事で摂る方が良くないですか?」


とも言われました。


私はサプリを数種類利用していますが、本質的には末續選手の意見に賛成です。


あくまで補助的に利用するのが「サプリメント」ですからね。


それにしても今回は、末續選手と有意義なお話ができて幸運でした。


次回また会う機会があって、末續選手に迷惑でなければ、もう少し踏み込んだ話を伺いたいものです。

(ウザいかな・・・)


末續慎吾選手関連書籍など一覧です。
楽天市場へリンクします
ヤフーオークションへリンクします


高野進流 日本人のための二軸走法―スプリント革命!
高野進流 日本人のための二軸走法―スプリント革命!

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

末續慎吾選手の食事 1 バランスなど気をつけていることは?

以前このブログで、「熊本市内のある飲食店で北京オリンピックのリレー銅メダリスト末續慎吾選手に会いました!」とお知らせしたことがあります。

(その記事はこちらです。


末續選手と会ったお店へのリンクも貼ってます。


末續選手は熊本出身なので、ここには時々来られるようです。
なぜか博多鉄板焼きのお店です)


しかも、ただ会うだけでなく、話を少し伺うことができました。
私は何てラッキーなんだ。


以下に、その時話した内容を紹介してみます。

今回は、とりあえずその1ということで。

いろいろ聞きたいことはあったのですが、とりあえず

「やっぱり食事には気をつけてらっしゃいますか?」

と質問してみました。

末續選手の答えは・・・


「いえ、結構食べたいものを食べてます」


でした・・・orz


私としては「はい、野菜をたくさん食べて・・・云々」といった答えを期待していたのですが。


しかし、末續選手は続けて


「食べたいものを食べてると、そのうち身体に不足しているものを自然と食べたくなってくるんですよ」


と言っていました。

へぇー、そんなものかな?と思い、「食事のバランスなどは注意しますか?」と聞いたところ、


「そうですね、一週間とか、ある程度の期間でバランスをとるようにしています」


との答え。

どうやら、末續選手は摂取する食品のバランスを一日という単位では考えていないようですね。


その2へ続きます。


末続慎吾×高野進栄光への助走―日本人でも世界と戦える! (集英社be文庫)
末続慎吾×高野進栄光への助走―日本人でも世界と戦える! (集英社be文庫)

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

柴田亜衣さんと水泳 タイム・記録に対する考え方

アテネ五輪金メダリストの柴田亜衣さんは三歳から水泳を始めました。


幼稚園時代には体操と硬筆教室にも通っていましたが、本人曰く「このふたつはただ通っていただけ」だそうで、あまり熱心ではなかったようです。


小学校2年のときに福岡から徳島に引っ越したのを機に、硬筆と体操はやめてしまいますが、水泳は続けました。


コーチが厳しくても水泳を続けたのは、水の中にいるのが好きだったからだそうです。


小学校時代は野山を駆け回って遊ぶ元気な女の子でした。

水泳の練習が無いときは友達の家の前で缶蹴り、鬼ごっこ。


学校では給食の時間が大好きで、クラスのみんなとおかわりを競いあっていたのだとか。
(ちなみに、きなこ入りの揚げパンがお気に入りでした)


高学年になると塾に通い始める友達も増えましたが、柴田さんは「私は水泳の練習があるからいいや」と、さっぱり割り切っていたそうです。


「人は人、私は私」と考えるタイプなのです。


同年代のスイマーが好記録を出すと、「すごいなぁ」とは思っても、「結果の出ない自分はダメだ」とは考えません。


柴田さんはジュニア世代に向けて


「タイムが出なくて焦ったりすることがあるかもしれません。
でも急がないでほしい。

周りと自分を比べずに、常に自己ベスト更新を目標にして練習を続けてほしいと思います」


と語っています。


水泳の記録に限らず、人生のあらゆる場面で意識すべき言葉かもしれませんね。


スイミングマガジン2011年2月号68ページを参考にしました。

スイミングマガジン 定期購読
楽天市場へリンクします。


競泳で勝つ!クロール タイムを縮める50のポイント (コツがわかる本!)
競泳で勝つ!クロール タイムを縮める50のポイント (コツがわかる本!)

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

北島康介選手 水泳と塾の両立

いまや押しも押されもせぬ、競泳会のスーパースターとなった北島康介選手ですが、「子供の頃から水泳ばかりやっていた」というわけではないようです。

水泳を始めたのは5歳でしたが、それよりも前の4歳から学習塾に通っていました。


お母さんが厳しく、「将来のために勉強はしっかりしておきなさい」という方針だったのです。


学校の勉強に、東京スイミングセンターでの練習、それに塾通いも加わって1日のスケジュールはびっしり。


毎日が忙しいので、友達が知っているテレビも見る時間が無く、ゲームもしたことはなかったそうです。


中学3年生の競泳大会で全国優勝するまで、北島選手は塾と水泳の両立を続けました。


北島選手は


「いま振り返ると、こういう忙しい毎日だったからこそ、水泳がより楽しく感じられたんだと思う。

塾には遊びたいのを我慢して行っていたし、面倒くさいときもあった。


そういう生活だったからこそ、逆に、水の中で発散させていたような気がする。
塾と比べると水泳は何て楽しいんだろう!ってね。

水泳があったから塾も続けられたんだと思う。


このうよな常に自分を追い込んでいる生活は、我慢強さを養ってくれました。
厳しい練習や合宿に耐えられたのも、この我慢強さがあったから。

これは水泳しかしていなかったら身についていなかった力だと思います」


と語っています。

北島選手は地図を見るのが好きで、中学生では伊能忠敬について研究発表もしています。


またモノ作りにも興味があり、技術の授業で作った作品が何度か賞を取ったそうです。


スイミングマガジン2011年 1月号66ページを参考にしました。


「スイミングマガジン」一覧です
楽天市場へリンクします
アマゾンへリンクします
ヤフーショッピングへリンクします


前略、がんばっているみんなへ キタジマくんからのメッセージ
前略、がんばっているみんなへ キタジマくんからのメッセージ

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

森下純平さんの筋力トレーニング

2010年9月に行われた柔道の世界選手権で、66kg級の金メダルを獲得した森下純平さんは、週に2回ウェートトレーニングを行っています。

上半身の日と下半身の日に分けており、


上半身の日はベンチプレス、綱登り、パワークリーン、アームカール 
下半身の日はスクワット、デッドリフト、ランジ 


というプログラムです。 


背筋や腕の筋肉はじめ、柔道では全身を駆使します。

体幹が強くないと、投げられたときに反応できませんし、技をかけるには足腰から力を出ないとダメだそうです。


ただし、ウェートトレーーニングで作った筋肉はそのまま柔道で使えるわけではなく、また筋肉が増えすぎても動きが鈍くなってしまうことがあります。


そのため練習を多くこなし、柔道のための筋肉を作っています。

食事はバランスよくとることを心がけ、青汁を毎日飲んでいます。


両親が健康管理には厳しいため、体にいいものをたくさん送ってくるのだとか。


健康への意識をもつかどうかは、親の影響が非常に大きいですよね。


私が健康に関心を持つようになったのも、親の教えなしには考えられません。


外から帰ってのうがい・手洗い、食後の歯磨きは小さいころから繰り返し言われたものです。


私が水泳を始めたのも、小さい頃は身体が弱かったため、親から勧められたのです。
(この件についてはこちらを。私のHPコンテンツです。
私と水泳のなれそめ その1


私にも子供ができたら、知っていることはできる限り教えるつもりです。

健康を維持するための知識や経験は、多くて困ることはありませんからね。


588 技のパワーとキレを高める!柔道選手の専門的トレーニング
588 技のパワーとキレを高める!柔道選手の専門的トレーニング

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

山室光史さんのトレーニングと練習への意識

体操選手の山室光史さんはウェートトレーニングを一切しません。

それらしいものは、体幹を鍛えるための腹筋運動くらいです。
(これは昔痛めた腰を保護する目的もあります)


チューブを使ってインナーマッスルを鍛えることはありますが、、

「体操に必要な筋肉は体操で作った方がいい」
「演技をしながら体ができていくのがベスト」

という考えです。


ちなみに体操選手の間には「試合筋」という言葉があり、緊張したり集中力が高まったりするといつもより力が入ったりするそうです。


そのゾーンに入ると、いつもなら失敗してしまうような場面でも、「もうひと踏ん張り」が利くのだとか。

練習ではほとんど成功していない技が本番で決まったりすることもあります。


山室選手は


「意識的には、練習の状態では100%の力でやるのではなくて、自分の中の7割程度の力で演技内容をできるようにしておいて、試合の時に8割、9割まで力を上げる感じ」


と語っています。

「力を7割程度しか出さなくても演技できる」状態まで仕上げておく必要があるわけですね。

残りの3割を本番で出すことで、勝負をかける、ということのようです。

雑誌ターザン 2010年10月28日号を参考にしました。


このところスポーツ界では、ウェートトレーニングに対する意識が変わっているようですね。


特に野球ではその傾向が強いような気がします。

少し前には、「高負荷のバーベルを持ち上げて、とにかく筋肉がスゴい」選手がもてはやされていたようですが、最近はそうではありません。


結局のところ、筋肉をつけるのが目的ではなく、必要な機能を得るためのトレーニングの結果、筋肉がつくわけですからね。


雑誌「Tarzan」の一覧です
楽天市場へ
ヤフーショッピングへ


スポーツに効く!体幹トレーニング―トップアスリートが実践するピラティスの効能
スポーツに効く!体幹トレーニング―トップアスリートが実践するピラティスの効能

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

古賀稔彦さんの食事に対する考え方

柔道家古賀稔彦さんは、食事を「とりあえず」食べることはありません。

それは現役時代の減量経験や、小さい頃の家庭環境により培われた考え方のようです。


古賀さんは1992年のバルセロナ五輪で、10日間に約4kgの減量が必要になりました。


これだけ体重を減らすためには、一日の飲食量を600gにまで制限しなければなりません。

一回あたりたった200gの食事です。


減量のあまりの辛さから、炭酸飲料を勢い良く口に含み、のどの奥まで入ったら吐き出す、といったこともやったそうです。


こうした試練の末、オリンピックでは金メダルを獲得します。


また古賀さんが小さい頃、家庭では母や祖母の手料理が並び、材料や調理法に対する古賀さんの認識も自然と深くなっていったそうです。


小さい頃に培われた食への意識、そして厳しい減量を乗り越えた経験から、


「誰がどんな思いで作ったのか」
「どんな雰囲気で誰と食べるのか」


など、食事をとりまく全ての要素が大事であり、食事をないがしろにしてはいけないと古賀さんは考えています。


三人の子供の父親である現在は、かつて両親がしてくれたように、古賀さんも子供に手料理をふるまうこともあります。


チャーハンやうどんなどはいずれも好評なのだとか。


食に対する意識が希薄になっている昨今、古賀さんの考え方は、改めて認識されるべきではないでしょうか。


一本勝ち!柔道絶対上達 (LEVEL UP BOOK)
一本勝ち!柔道絶対上達 (LEVEL UP BOOK)

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

舞の海秀平さんの食事 子供の頃から魚介類中心で骨折知らず

現役時代は「技のデパート」と呼ばれファンを沸かせた、大相撲元小結の舞の海秀平さん。


100kg以上重い相手とも何度も対戦し、ケガもしましたが、不思議と骨折は一度もしませんでした。

骨が非常に丈夫なのは、子供の頃の食事のおかげと舞の海さんは考えているそうです。


舞の海さんは青森県の漁師町に育ち、食卓には魚介類がたくさん並びました。


味噌汁には煮干しの粉末が入っていて、お母さんからは「身体のためにカルシウムをとりなさい」と繰り返し言われたのだとか。


煮干しは嫌いだったのですが、食事を残したり好き嫌いを言うと怒られたため、嫌々ながら食べていました。


ところが力士になって、激しい練習や取り組みでも骨折をしないのは小さい頃の食事のおかげだったのだと、ありがたみがわかったそうです。


現在では「実家の食卓は本当はとてもぜいたくだった」と思うようになり、食事は魚中心にしています。


一般家庭では魚を食べる機会が減っているそうですね。


「調理が面倒」「子供が食べない」といった理由で食卓に出ることが少なくなっているのだとか。


私も時々料理をするので、「調理が面倒」あたりは何となくわかるのですが、「子供が食べない」のは何とももったいない気がします。


魚も美味しいんですけどねぇ。


「魚嫌いの子供も、自分が釣った魚はよく食べる」という話を聞いたことがあります。

夏休みも始まりましたし、「家族で海釣り(あるいは渓流釣り)体験」みたいなイベントに参加して、魚嫌いを克服するのも良いのでは?


土俵の矛盾 - 大相撲 混沌の中の真実
土俵の矛盾 - 大相撲 混沌の中の真実

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

寺川綾選手の練習スケジュールと食事管理・サプリメント

水泳日本選手権の背泳で50m、100m、200mの3冠を果たした寺川綾選手は、週に6日間、ほぼ合宿状態で練習しています。


その練習スケジュールを紹介します。

7:30から1時間ほど陸上でトレーニング
その後約3時間水中で練習
再び30分ほど陸上トレーニングの補強

昼の休憩

午後も1時間ほど陸上トレーニング
水中練習は約3時間

18:30ごろ練習終了


このように、一日およそ8時間練習しています。

夕食が終わったら身体をケアした後、できるだけ早めに就寝します。

睡眠時間は8時間確保するようにしていて、昼食後にも昼寝をしています。


食事は三食とも専属の栄養士さんに作ってもらっているそうで、いくつかの種類から選べるのだとか。


実際に食べた食品はパソコンにデータを入力され、摂取した栄養をグラフ化しています。

 
栄養のバランスを見て、足りないものを次回の食事で補えるよう、メニューの参考にするのです。


栄養士さんからはヨーグルトを積極的に食べるよう指導されています。

ヨーグルトはたんぱく質、カルシウムが豊富でカロリーは低いのが良いようです。


寺川さんはきつい練習が続くと食欲が無くなり、体重がすぐに減ってしまいます。


そんな時はアミノ酸のサプリメントなどで栄養・エネルギーを補給しています。


楽天市場のアミノバイタルプロ一覧へ
寺川選手が飲んでいるアミノ酸サプリメントです。
購入者の感想もたくさん寄せられています。


アミノバイタル プロ 30本入箱
アミノバイタル プロ 30本入箱

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

舞の海さん 体重を増やすための食事や頭にシリコン

大相撲元小結で現在は相撲解説者の舞の海秀平さんは、力士としては小柄な体格のため、学生時代から体重をいかに増やすかで苦労したそうです。


舞の海さんが日本大学相撲部に入部した際、体重は70kgにも届いていませんでした。


大学生とは言え周囲は100kg超えばかりで、舞の海さんは「これでは相撲にならない」と感じたそうです。

体重を増やすことの必要性と、監督の「90kgになったら試合に出す」という言葉を聞き、舞の海さんは猛烈に食べ始めます。

食事の一例はこんな感じです。


朝 どんぶり飯5杯
昼 学食で二人前の食事
立ち食いそば屋でうどんを間食
授業の合間にシュークリーム
生クリームをたっぷり入れたウインナーコーヒー
夜 再びどんぶり飯5杯
寝る前に牛丼や弁当


元々舞の海さんは食が細かったそうです。

そのため大食は非常に辛かったのですが、体重を増やしたい一心で食べ続けました。


努力が実って大学4年の時には体重が90kgになり、角界入りを決断するのですが、今度は身長制限という壁に阻まれることになります。


当時、大相撲の新弟子検査に合格するには身長が173cm以上必要だったのです。
(現在は大幅に緩和されているようです)


舞の海さんは168cmでした。

体重は増やすことができても、身長を伸ばすのはそう簡単ではありません。


そこで「頭にシリコンを入れて身長を高くする」という裏技を使うことにします。


これは頭皮の下に袋を入れ、その袋にシリコンを少しずつ、1ヵ月かけて注入していく手術です。
(現在このやり方で新弟子検査を受けるのは禁止されています)


当然痛みは激しく、また顔の皮膚が上に引っ張られるため瞼を閉じることができなくなることもあり、睡眠も十分とれなかったのだとか。


これだけの試練を経て角界に入りますが、やはり小兵としてのハンデは大きく、体格差による負けは何度も経験することになります。


しかし体格をカバーする様々な技を見せ、「技のデパート」の異名をとり大変な人気を博すのです。


激闘! 大相撲~記憶に残る名力士列伝~ 技巧派編 [DVD]
激闘! 大相撲~記憶に残る名力士列伝~ 技巧派編 [DVD]

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

デューク更家さんがウォーキングを志したきっかけ

ウォーキングトレーナーのデューク更家さんが
正しいウォーキングを広めようと決心したきっかけは、


お母さんが亡くなったこと


なのだそうです。

更家さんがまだファッション業界で働いていた頃、お母さんが肝硬変を発症してしまいます。


その時担当医はお母さんに「できるだけ歩くように」というアドバイスをしました。


それを聞いた更家さんのお母さんは、毎日休むことなくひたすら歩き続けたそうです。


しかし結果としてオーバーワークで膝を傷め、歩行できなくなってしまいます。


それまで非常に活動的だったお母さんは、車いすでの生活を余儀なくされたショックから寝込んでしまうようになります。


そして意気消沈したまま、半年後には亡くなってしまうのです。


「健康になろうとして歩いていたのに、それがかえって母の命を縮める原因になってしまった」


と感じた更家さんは、それから「歩く」ことに関して徹底的に調べ始めます。


モデルとして経験があった更家さんは、ウォーキングの基本を身につけていました。


その経験と、あらゆる文献などを調べて得た知識を融合させた結果、更家さんは独自のウォーキングを確立させるのです。


現在では更家さんは


「長い距離を歩いても、姿勢が悪ければ身体にも悪い。正しい姿勢で歩けばたとえ短時間でも健康を促進できる」


と主張しています。


デューク更家のぴんしゃんウォーキング ―キレイに歩いてマイナス10歳―
デューク更家のぴんしゃんウォーキング ―キレイに歩いてマイナス10歳―

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

平野早矢香さんのベタ足 甲野善紀さん直伝

以前私のメルマガで、古武術家の甲野善紀さんの考え方をとりあげたことがあります。

その中で、


「武術という枠を超えて、スポーツや芸術などいろんな人達が甲野さんから指導を受けている」


と紹介しました。


卓球選手の平野早矢香さんもそのひとりなのだそうです。


平野さんは競技中、他の卓球選手と違って「ベタ足」で構えます。

卓球では、ボールにすばやく反応できるよう、つま先立ちで構えることがほとんどです。


しかし平野選手が古武術家の甲野善紀さんに会って「捻らない、蹴らない」というポイントを聞き、力まずに自然な動きを心がけた結果、このベタ足に行き着きました。


ベタ足では足で床を蹴ることがありません。


身体の中心を軸にして左右に平行に移動するため、身体が上下動せず視線がぶれなくなったそうです。


また、力まなくても強いボールを打ち返せるようになりました。


平野選手は全日本卓球選手権大会の女子シングルスで、07年から09年まで三年連続で優勝しています。


佐野史郎さん、武田鉄矢さん、また宇宙飛行士の野口聡一さんも身体の使い方で甲野さんから指導を受けているそうです。


甲野さんの指導は、平野選手に良い効果をもたらしたと言えそうです。

私も甲野さんに関する本は読んだことがあり、とても面白かったという印象があります。


武術や運動には特に興味はないけどな・・・というあなたも、甲野さんの著書などをご覧になってはいかがでしょうか。

何か発見があると思います。


甲野善紀さんの著書など一覧です
楽天市場へリンクします。
購入者のコメントも寄せられています。


DVD付 古武術for SPORTS いきなりスポーツが上手くなる! (よくわかるDVD+BOOK SJテクニックシリーズ)
DVD付 古武術for SPORTS いきなりスポーツが上手くなる! (よくわかるDVD+BOOK SJテクニックシリーズ)

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

森下洋子さんのバレエとの出会い 食事やダイエットは? 

バレリーナの森下洋子さんは小さい頃体が弱く、いつも病院通いをしていました。


森下さんの両親は、医師から「子供さんに何か運動をさせた方が良い」と言われたため、森下さんをバレエ教室に通わせ始めました。


これが森下さんがバレエを始めるきっかけになったのです。

それから森下さんはバレエに一気にのめり込み、お母さんと商店街を歩いていてもショーウインドーに向かってポーズを決めることがありました。


お母さんは森下さんの身体を気遣って、おやつも全て手作りしていたそうです。

特にケーキは森下さんいわく「どの店のケーキより美味しかった」のだとか。


甘いものは現在でも大好きな森下さんは「エネルギー源としてチョコレートなどもよく食べる」そうで、これまでにダイエットを意識したことはありません。


「食べることが大好きだし、食べないと踊る力が全然出ない」と考えていて、バレエを習っている時代から「食事はしっかりとらないとダメ」と言われていました。


朝はコーヒー、トースト、ハムエッグにサラダを9時に食べるよう決めています。

時刻を決めておく方が、体調を維持しやすいのだとか。


昼はチーズやヨーグルト、夜のメニューは特に決まっていませんが、青魚をよく食べるように心がけています。


小さい頃は胃腸が弱かったそうですが、今では食欲旺盛で、「食べる楽しみがなくなってしまう」ためにダイエットをする気はありません。


森下さんはじめ、バレエをやっていると「たくさん食べても細い」という人が多いようです。


私個人的には、バレリーナがやせているのはインナーマッスルが非常に発達しているから、と考えているのですが、それらしいピッタリの情報はネット上ではまだ見つけられてないんですよね・・・。


人間の記録 第185巻 森下洋子: バレリーナの情熱
人間の記録 第185巻 森下洋子: バレリーナの情熱

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

田中雅美さんのプチダイエット法

競泳選手としてオリンピックに3回出場し、現在はスポーツキャスターの田中雅美さんは現役を退いた後、「ちょっと太め」の女性になってしまったそうです。


しかしその後、1年かけて9kgのダイエットに成功しています。


その体型は現在も維持しており、体重は50kg、体脂肪率は17%だそうです。


体型キープのポイントと言えそうなのが、「毎日の体重・体脂肪測定」です。


もともと田中さんは飲むのも食べるのも大好きで外食もするのですが、食べた翌日体重を計って少しでも増えていたら、すぐに走るなどして「プチダイエット」を始めます。


これがリバウンドを防ぐ秘訣だそうです。


普段は3kmを40分ほどのペースで週に1~2回走るようにしています。


「体重や体脂肪をマメに計ること」はダイエットを意識する人にとっては非常に大事なポイントのようですね。


「やせたい~」と考えている若い女性は一日に何度も体重計にのることがあるようですし。

(私としてはホントにダイエットが必要か?というケースもあるような気もしますが・・・)


ちなみに私は自宅に体重計の類を持っていません。

体重はジムに行った時に量ります。


私の場合、「太ってるかな?」という日頃のチェックはお腹の脂肪の付き具合でやってます。


食事や生活習慣が意外にちゃんと反映されるものですよ。


田中雅美ダイエットエッセイ BODY+REMAKE
田中雅美ダイエットエッセイ BODY+REMAKE

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

中嶋一貴さんの食事・筋肉

F1レーサーの中嶋一貴さんには食事の栄養を管理するパーソナルトレーナーがいます。


そのトレーナーの指導で、中嶋さんはサプリメントを基本的に使用しないそうです。

サプリメントらしきものといえば筋肉を回復させるためのプロテインくらいです。


「パランスのとれた食生活が人間の身体には最も望ましく、効率も良い」という考えです。


グランプリの開催中は炭水化物をメインに、そしてビタミンやミネラルを豊富に含む、ブロッコリーやホウレンソウといった緑黄色野菜を毎食食べるようにしています。


F1レーサーには全身の筋肉を強化しますが、中でも特に重要なのは首から背筋にかけての筋肉、そして骨盤が強く、安定していることなのだそうです。


これはレース中には体重の4~5倍の重力が首や背筋にかかるためです。


心肺機能を鍛えるため、シーズンオフには気候の暑い地域で5日間ほどのトレーニング合宿を行うこともあります。


以前私の友人がF1 レーサーを見た時に「首がムチャクチャ太かった」と驚いていました。


F1 レーサーが身体を鍛えるのは、体力をつける目的があるのはもちろん、気力を持続させるためでもあるのではないでしょうか。


長時間高速運転を続けるF1 では、一瞬の気の緩みが大事故につながります。


そんな状況では、「疲れ」からくる集中力の低下は生命の危機に直結するはずです。


「レースで好タイムを出す」という以前に、身体を鍛えておくことは最低限のことなのでしょう。


Williams Formula One Team 中嶋一貴
Williams Formula One Team 中嶋一貴

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

水泳マイケル・フェルプス選手のストロークや食事

突然ですが・・・


水泳のクロールで腕をストロークする際、親指から水に入れますか?
それとも小指からですか?

ほとんどの人は「親指から」と答えるのではないでしょうか?


しかしオリンピックで8個の金メダルを獲得したマイケル・フェルプス選手は小指から入れるそうです。

こちらをどうぞ

バブルカット キャッチング理論


私もけっこう長いこと水泳をやっていますが、これには驚きました。


ちなみに、フェルプス選手ってADHD(注意欠陥・多動性障害)だったそうです。

コーチの言うことも聞いていないことがよくあったのだとか。


フェルプス選手が水泳を始めたのも、姉の影響と共に、多動性障害特有の有り余ったエネルギーを水泳に向けさせるためだったのです。


ちなみにイギリスのガーディアン紙が伝えたところによると、フェルプス選手は1日に12000kcal を摂取するそうです。

これは一般男性の6倍(!)のカロリー量にあたります。


食事の一例を紹介します。

朝食

サンドイッチ3つ フレンチトースト3切れ コーヒー2杯 オムレツ 卵焼き チーズ レタス トマト チョコレートチップス3袋


昼食

500gのパスタ チーズサンドイッチ マヨネーズのかかった、大きめのハム2つ 1000kcal の栄養ドリンク


夕食

ここでも500gのパスタ ピザ1枚 1000kcal の栄養ドリンク


確かに泳いだ後はお腹が減りますが・・・まさかここまで食べるとは!

さすがに「史上最強のスイマー」と呼ばれるだけのことはあります。


いらん世話ですが、競技を引退してからが大変そうだ・・・。


(フェルプス選手に関する情報の一部はウィキペディアの記事を参考にしています)


最先端泳法『フラットスイム』でクロールがきれいに速く泳げる! (DVD付)
最先端泳法『フラットスイム』でクロールがきれいに速く泳げる! (DVD付)

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

野口みずき選手はお酒を飲みません

マラソンの野口みずき選手って、普段は全くお酒を飲まないのだそうです。

飲むのはレースに勝った時、つまり祝い酒だけなのだとか。

野口選手って、ギャル曽根さんなみの大食漢でもあります。


マラソン選手は、アメリカのボルダーなど海外で合宿をすることが多く、合宿中は現地の食事を食べることになります。


たまにスポーツ選手で「日本食が恋しくなるから」として米やしょう油、味噌などを日本から持参して海外に行くというケースがありますが、野口選手の場合そうした心配は一切無いそうです。


ふりかけや調味料くらいは日本から持っていくこともありますが、基本は現地のものを何でも食べます。
「日本食レストラン」を探す、ということもなく、その土地の食事を楽しみます。


野口選手はまぐろに目が無いそうです。
三重県伊勢市のマグロ業者から1年分のマグロをプレゼントされたこともあります。


マラソン選手はものすごく食べる人が多いですよね。
高橋尚子選手も大食だそうですし。

それでもみなさんすごくやせていて、野口さんとか150cmで40kgですよ。

マラソンを見ていると「あんなに小さくて細い身体のどこにあれだけのエネルギーが貯められているんだろ?」といつも思うものです。


日頃から食事の量が多いのも、走るためのエネルギーを貯蔵する必要があるからでしょうね。


スポーツ選手の完全食事メニュー―プロも実践400レシピ
スポーツ選手の完全食事メニュー―プロも実践400レシピ

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

山岸秀匡さんについて 食生活など

"BIG HIDE" の愛称を持つ、日本人で唯一のプロボディービルダー、山岸秀匡さんは、鳥などの肉類、卵、プロテインを毎日欠かさず1kg(!!)摂取します。

(むらおより一応注:絶対おすすめしません!)


山岸さんは早大に進学してから本格的にボディービルを始めました。


01年のアジア男子選手権80kg級で優勝し、03年には悲願のプロ資格を取得したのです。
山岸選手はプロを目指していた時は「ボディービルダーのプロになるのは不可能」と言われたそうです。


山岸さんのサイトはこちらです。
筋トレに興味があるなら、必見ですよ。


「TRAINING」のコンテンツに、どのような食事をとっているかが紹介されているのですが、これがまた想像を絶する緻密さです! 頭が痛くなりそう…。

「2時間おきに200gずつご飯を食べる」とか「卵白10個」「BCAA 10g」などなど。
こんな細かいメニューを長いこと継続してこなしていくなんて、私には絶対ムリです。


プロってのはこれほど厳しく管理するものなんですね…


山岸さんは07年10月上旬にラスベガスで開かれたボディービル大会の世界最高峰「ミスターオリンピア」に日本人として初めて出場しました。


ボディービルはシンクロナイズドスイミングのように、審査員の主観によって採点が決められる競技です。
そのため「初参加での上位入賞は不可能」と言われています。


今回のミスターオリンピアで山岸選手の結果は13位でした。
この順位について、本人は「良いのか悪いのか微妙だけど、一応15位以内入賞ということで」という感想です。


今回の大会は会心の結果とは言えないかもしれません。
しかし山岸選手のサイトを読む限りまだまだ挑戦はこれから、という印象です。

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | ページトップヘ

為末大選手は丹田パワーを開発中

男子陸上400mハードルの為末大選手は07年の8/25から開かれる世界陸上でメダルを狙っています。


しかし7月のヨーロッパ遠征では調子が上がらず、途中帰国してしまったのです。


その後、広島のおじいさんから送られてきた禅や武道の本を読み漁ったところ、「丹田に力が入らないとダメ」という結論に達したそうです。


合理主義者である為末選手は、これまで東洋の思想にはあまり興味が無かったのだとか。
しかし今では練習後鉄棒にぶら下がり、丹田を押してもらって鍛えています。

その結果

「競技でも体が流れなくて前に進む。エネルギーにムダがない」

と手ごたえをつかんでいるようです。


7月8日には「450m走で52秒7が出ました」と会見しています。
01年のエドモントン大会(為末選手は銅メダルを獲得)前には54秒7だったことから、丹田パワーの効果は確実に現れているのではないでしょうか。


丹田って、正確には体に三箇所あるんですね。
(「丹田」とは、男性の体に使う言葉だそうです)

眉の間にある上丹田、心臓の下の中丹田、へその下9cmほどのところにある下丹田の三つです。
一般に丹田というと、お腹の下丹田を指しています。

「丹田」という名の臓器などがあるわけではありません。
念のため。


丹田を鍛えたことで最も有名なのは肥田春充氏ではないでしょうか。


肥田氏は幼少の頃は体が非常に弱く、「もう命が助からない」という宣告を二度も受けたことがあるそうです。


18歳の時に心身を強くすることを決意し、西洋のウェートトレーニングに東洋の丹田鍛錬などを取り入れた独自の心身鍛錬法を開発します。


この鍛錬法により肥田氏の体は飛躍的に頑健になります。
一例として、「剣道の突きで、体重75kgの男を10mほど吹っ飛ばした」といったエピソードがあります。


やや眉唾な印象もありますが、丹田を意識することは健康の助けになることは間違いなさそうです。


楽天の丹田関連グッズ一覧です
購入者のコメントもたくさんあります。

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | Tb (0) | ページトップヘ

増田明美さんは引退後も走ります 走りながら「ジョグ俳句」も

スポーツジャーナリストの増田明美さんはマラソンを1992年に引退した後も一日一時間程度、休まず走るよう心がけています。


地方や海外に出かけたときも、時間を見つけて走ります。

1kmを6~7分程度のゆっくりしたペースで、周りの風景を楽しみながら走るととても楽しいそうです。
走った日はぐっすり眠れるそうで、走らずに寝ると次の日は「体がふやけた感じ」になるのだとか。


さらに増田さんは00年ごろから、走りながら俳句を作る「ジョグ俳句」を始めました。


以前は雨の日に走るのは「じとじとしてイヤだな」と感じたそうですが俳句を作るようになってからは「今日は雨音をどう表現しようかな」という気持ちになるそうです。


え~、ジムのランニングマシンで私もマネしてみました。


1kmを6~7分程度ということは、1時間に10km走るペースですよね。


このペースをマシンに設定して走ってみたところ、決して「ゆっくりしたペース」ではないような…。
かなり速いですよ!


ましてや走りながら俳句を作るなどはムリです!
どうしても雑念が入ってしまいます。


あくまで「雑念」であって大したことは考えていないのですが・・・。


まぁ言ってみれば増田さんは「走りのプロ」ですから一般人とは差があって当たり前ですよね。


増田さんは06年8月時点で100句ほど作ったそうですけど・・・。


カゼヲキル 1助走
カゼヲキル 1助走

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | Tb (0) | ページトップヘ

岡崎朋美さんは自分の体脂肪量が感覚でわかります

スピードスケーターの岡崎朋美さんは自分の体調を信じられないほど把握しています。


体重はもちろん体脂肪の量まで自分の感覚でわかるそうです。
スタミナが欲しい時には脂肪量を微増させるなどして対応します。


にわかには信じられませんが、トップアスリートならできるのでしょうね。


私は自分の体脂肪の増減まではさすがにわかりませんが、体調の変化についてはかなり敏感になったつもりです。


特にカゼのひき始めなどは「あ・・・これはヤバい・・・」とピンときます。
カゼのウイルスが体内に入ったのがわかる、といったら大げさかもしれませんが、何となく体温が上がって防御機能が活発になっているのが感じられるのです。


このように感じたら、速攻でカゼ対策を始めます。

水分やたんぱく質を多めにとるように心がけ、ビタミンCもサプリなどで補充します(カゼをひいてしまってからビタミンCをとっても遅い、という研究もあるようですが・・・)。


こういったことに敏感になるのは、「自分の健康に興味を持ち、自分の体と向き合う」ことが絶対に必要だと思います。


この意識を極めると岡崎選手のようになるのでしょう。


「自分の体調に敏感になる」のに非常に大きな障害になるのが、私は喫煙だと思っています。
喫煙をすると血流が阻害されるだけでなく、体内の粘膜や神経の感受性まで鈍ってしまうような気がするのは私だけでしょうか?


JISS国立スポーツ科学センターのアスリートレシピ
JISS国立スポーツ科学センターのアスリートレシピ

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | Tb (0) | ページトップヘ

益子直美さんおすすめ簡単ストレッチ法

スポーツキャスターの益子直美さんには、実践しているおすすめの ストレッチ法があります。


すごく簡単なのに、血流が良くなるそうです。

お風呂からあがって寝る前に行うストレッチで、深呼吸をして壁に手をつき、胸を反らせて胸骨を伸ばすという手軽なもの。


益子さん(身長175cm)のように背が高い女性は猫背になりやすいそうで、猫背気味になると体の中心を通っている大きな血管が圧迫されて血流が悪くなります。


そのため、こんな簡単なストレッチでも血流改善効果が期待できます。


私も入浴後にストレッチをするようにしています。


前後と左右の開脚を一分ずつやっており、それなりに体もやわらかくなりました。
ちょっとサボるとすぐ硬くなってしまいますが・・・。


ストレッチって、体を動かして運動するわけではないのですが、体が非常に温まるんですよね。

暖かい季節に真面目にストレッチをすると汗をかきます。


血流が良くなっていることは如実に実感できるのではないでしょうか。


また、私は寝る前にもストレッチをやってます。

こちらは血行を良くするというよりもリラックス効果をねらってのものです。


ストレッチで筋肉や腱を伸ばしている間は、軽く「イタタタ・・・」という状態になります。
その緊張から解放されると反動でリラックスできて寝つきが良くなる気がします。


私が通っていたジムのインストラクターさんも「寝る前にストレッチをすると良く眠れる」と言っていました。


益子直美・竹原慎二プロデゥース シェイプスーツCUBEマルチポケット レディース 【プレゼント付】 (LL, ブラック×ローズ)
益子直美・竹原慎二プロデゥース シェイプスーツCUBEマルチポケット レディース 【プレゼント付】 (LL, ブラック×ローズ)

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | Tb (0) | ページトップヘ

イリーナ・スルツカヤ選手は難病をかかえています

女子フィギュアスケート世界選手権で2度優勝、欧州選手権では7度も優勝している(06年2月現在)、ロシアのイリーナ・スルツカヤ選手は心臓に難病をかかえています。

心臓の血管に炎症が起こる病気で、手足のむくみ、痛み、発熱を伴うため常に大量の薬を持ち歩いているのです。


服用する薬が多くなると副作用もひどいそうで、めまいなどが起こります。
それでもジャンプを飛び、スピンを続けるスルツカヤ選手は並外れた気力の持ち主だと言えるでしょう。


スルツカヤ選手は「自己免疫疾患」なのだそうです。


自分の免疫が自分自身の組織や細胞を攻撃してしまう病気で、全身あるいは特定の臓器に障害が発生します。


関節リュウマチや、安奈淳さんがかかったことで世間に知られるようになった「全身性エリテマトーデス」は全身性自己免疫疾患です。


また、スルツカヤ選手のお母さんは腎臓病を患っているそうです。
スルツカヤ選手は様々なストレスと闘いながら競技を続けているのです。


それにもかかわらず、本人は笑顔で「That's life(それが人生)」と割り切っており、モットーは「Never fall down」なのだとか。


07年11月には男の子を出産しています。
赤ちゃんは2300グラムで、帝王切開でした。


ちなみにスルツカヤ選手は日本にもファンが多く、本人はバルスという名前の秋田犬を飼っているそうです。


チャンピオンズ・オン・アイス Vol.3 [DVD]
チャンピオンズ・オン・アイス Vol.3 [DVD]

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | Tb (0) | ページトップヘ

山本美憂さん一家の特製スープ

元女子レスリング世界チャンピオンの山本美憂さん一家の食卓には毎食必ず出てくる特別メニューがあります。


それは生姜やにんにく、野菜・魚介類がどっさり入った具だくさんスープです。
現役時代からの習慣で、野菜はこのスープでとるようにしています。


山本美憂さんは心と体の健康に関するブログを運営しています。


山本さんのブログによると、疲労回復について


「疲れた時って何とか疲れを外に追い出したい!!と思って方法を考えたりしますが、私がいつも思うことは全てがバランス取れていないとダメ!って事です。

疲れていたら休養とることも大事、私の場合は睡眠でかなり回復」


「あと食生活ってホントに大事で、しっかり自分をコントロールして体に良いもの食べていると疲労回復度が違ってきますよ。

これも現役時代の話ですが、豚肉やシソそしてよく父から言われていたのは、ネバネバした物を食べなさい!と。

だから、毎日納豆とめかぶ食べてました。あとはレバー!減量があると貧血気味になるので」


と書かれています。


「ネバネバするもの」と言えば、あの空手家大山倍達も「山芋やオクラ、納豆などネバネバしたものを食べなさい」と勧めていたと記憶しています。


ネバネバしたものは、ビタミンBの代謝を助けるので疲労回復に役立ちます。
ぜひ積極的に摂取したいものです。


山本美憂・聖子 「グラマラスイッチ」DVD3枚組(痩・健・美)
山本美憂・聖子 「グラマラスイッチ」DVD3枚組(痩・健・美)

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | Tb (0) | ページトップヘ

中野浩一さんと歴史上の人物の痛風

元競輪選手の中野浩一さんは過去三回痛風の発作を経験しています(05年時点)。


特に最後のはひどかったそうで、ものすごく痛かったとか。
定期的な血液検査を続けていて、その結果によると尿酸値よりも血中脂肪機がやや高めだそうです。


また痛風は紀元前からあり、歴史上の人物も多くかかっています。
代表的な人物としては

アレキサンダー大王、ルイ16世、ゲーテ、スタンダール、ニュートン、ダーウィン、ルター、ミケランジェロ

といった人達がいます。


私が思うに、中野さんは非常に激しい筋肉トレーニングをしていたのではないかと。
無酸素運動になる筋肉トレーニングは痛風を悪化させる方向に働きます。


言うまでもなく、競輪は莫大な脚力を必要とします。


その脚力を強化し、維持するためのトレーニングは並大抵のものではなかったはずです。
そのトレーニングが痛風を悪化させる一因になったのではないでしょうか。


私が筋トレをするために通っていたジムにも、「痛風持ちなんだよね」というボディビルダーがいました。
(その人はボディビルのタイトルをとったこともあるマッチョマンでした)


逆に、有酸素運動は痛風を緩和する作用があります。


私の前の職場にはクエン酸水溶液で痛風の発作が劇的に改善したという人がいました。


その人は市販のクエン酸顆粒を「耳かき一杯(その人いわく)をコップ一杯の水に溶かして飲んでいる」とのことでした。


痛風を治す食事―おいしく食べて治す 尿酸値を下げるレシピ200 (おいしく食べて治す)
痛風を治す食事―おいしく食べて治す 尿酸値を下げるレシピ200 (おいしく食べて治す)

↓役に立ったらクリックお願いします!
健康ブログ人気ランキングへ

: | Tb (0) | ページトップヘ