トップページ >外国の健康トピック> 韓国ラーメンから発がん物質 辛ラーメンは別?冗談じゃない

韓国ラーメンから発がん物質 辛ラーメンは別?冗談じゃない

ちょっと遅くなりましたが、このブログや私のメルマガで韓国食品の危険性についてずっと警鐘を鳴らしてきた手前、とりあげずにはいられません。


MSN産経ニュースさん
韓国ラーメンに回収命令 微量の発がん性物質
http://sankei.jp.msn.com/world/news/121025/kor12102522390007-n1.htm


韓国の食品会社、農心が製造しているラーメンやうどんなどから、発がん性物質のベンゾピレンが検出されたのです。


あぁまた韓国か・・・という印象を受ける一方で、ちょっと懸念も。


産経ニュースさんの記事には、

農心は日本でも流通する「辛ラーメン」で知られるが、辛ラーメンは回収対象になっていない

とあるのですが、まさか「じゃあ辛ラーメンはOKだな」と考える日本人はいないでしょうね?


農心がいかにムチャクチャかについてはこちらを。

(食事が近い方は閲覧注意)
発がん性物質!辛ラーメンの農心製品から発がん物質で突然変異環境ホルモン「ベンゾピレン」検出
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4835.html


ネズミの頭(!!) コクゾウムシ ハエ ウジ虫(?)


などなど、農心製品は異物混入のオンパレードなのです。

08年には、辛ラーメンにクロゴキブリが入っていました。


今回の発がん性物質は辛ラーメンから検出されなかったとはいえ、こんなメーカーの作る食品を食べる気になりますか?


あなたの家族に食べさせてもよい、と思いますか?


もはや食品とすら呼べないでしょう。
日本人の感覚なら、こんな企業がいまだに存続しているのが不思議です。


さらに言うと、この件を日本のテレビは報じましたか?

私が見た限り、全く報じていません。


何年か前、某有名料亭が料理の使いまわしをしていた、としてマスゴミが連日報道し、関係者をこぞって晒しものにしていましたね。


使いまわしは確かに非難されるべきことかもしれません。


しかし、農心の件は発がん性ですよ。
製品は日本にも輸出されていて、大量に流通しているのです。
どちらが深刻ですか?


料亭を非難する報道は集団リンチとも言えるほどだったのに対し、発がん性韓国食品については沈黙を決め込む。


今回の件には、「韓国食品は忌避されるべき」という教訓以外にも、日本のいろんな問題点が凝縮されていると言えます。


さて、明日はメルマガを発行致します。

有名人の健康関連話を多めにお知らせする予定です。


完全「国産」主義
完全「国産」主義


健康ブログ人気ランキングへ






: | ページトップへ