トップページ >呼吸器系> 鼻うがいのやりかた 私の場合 両穴から 私見も

鼻うがいのやりかた 私の場合 両穴から 私見も

昨日(2012 2/3)は沖縄以外全ての件で、最低気温が氷点下だったそうで。


熊本市内でも朝はマイナス6度、昼になっても、北国かよ!とツッコミたくなるほど吹雪きました。


知り合いの家は水道管が凍って水が出ませんでした。

こんな話は久しぶりに聞きました。


ロシア東部ではマイナス50度になったとか。


ここ数年は「強烈な寒波」が続いている気がします。

暑さ・寒さの気温差が極端になっているようです。


さて、このブログでは、最近鼻うがいを絶賛しております。

しかし・・・。

具体的なやりかたは書いていませんでした。


メルマガでは昨年お知らせしたのですが、このブログではまだです。


ということで紹介してみますが、やってる手順は以下のとおりで、実に簡単です。


・塩をコップ一杯のぬるま湯に溶かす

・まずは普通に一度うがい

・顔を下に向けて口を閉じる

・鼻の両穴からゆっくり塩水を吸い込む 鼻で水を飲む感じ

・鼻腔の奥から口に抜けるまで水を吸い続ける

・鼻水が少し出るので、片穴ずつ静かにかむ

・最後にもう一度普通にうがいして終了


鼻うがいを2~3回繰り返しても良いでしょう。


いまのところ、このやりかたで全く問題ありません。

耳のほうに入るとか、むせるとかもナシ。

ただし、鼻に異常がある時は行わないで下さい。


水の1%の塩を溶かすと鼻にツンとこなくなるそうですが、気になるなら塩をちょっと濃い目にすると安心です。


また、鼻うがいをした後に出る鼻水は、鼻腔内の異物を出す決め手になってる気がします。


慣れれば普通のうがいと同じ手間でできます。


私は、「鼻の中の雑菌が多そう」と感じる時にやってます。

鼻がものすごくサッパリするんですよ。


一度おためしあれ。


よくわかる最新療法  病気が治る鼻うがい健康法  体の不調は慢性上咽頭炎がつくる
よくわかる最新療法 病気が治る鼻うがい健康法 体の不調は慢性上咽頭炎がつくる


健康ブログ人気ランキングへ






: | ページトップへ