トップページ >呼吸器系> マスクの常用ってどうなの? 楽してると呼吸器が弱りはしないか

マスクの常用ってどうなの? 楽してると呼吸器が弱りはしないか

今日(2012 1/18)の三橋さんのブログはご覧になりましたか?

GDPが伸びなければ・・・
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11138964439.html


いつものように、有益な内容でした。

私は経済問題に強くはないのですが、三橋さんのブログを読み続けているせいか、経済方面の思考が少し身についた気がします。


上の記事もそういう思考の助けになってくれそうです。


あと、こちらも興味深い内容でした。

やばい!民放テレビが自主規制しとるwwwww
http://netaatoz.jp/archives/6609966.html


さて、今回はマスクについて私見を書いてみます。

このところ、マスクをしている人をよく見かけます。


感染症が流行しているので、マスク着用の人が増えるのは不思議ではありません。

カゼやインフルエンザにかかり、セキやくしゃみで周囲に唾液を飛ばさないためのマスクであれば、それは大きな意味があります。

また、そろそろ話題になる花粉症でもマスクは必要でしょう。


ただ、カゼなどひいていないのに、マスクを着けている人はいないでしょうか?
(私の前の職場にはいました)

「呼吸がラクだから」という理由でマスクを常用するのは、私は反対です。


マスクをすると呼吸器に入る空気の湿度や温度が上がるため、呼吸が楽になります。


だからといってそれを続けていると、鼻腔や気管が鍛えられず弱ってしまい、呼吸器が本来持つ防衛機能が退化してしまいます。


マスクで呼吸器が弱る→息がしにくいのでマスクを着ける→呼吸器がさらに弱る・・・


という悪循環が始まり、マスクなしでは生活できなくなってしまうでしょう。

便秘薬を常用するのと同様です。


私のHPでは、ぬれマスクの作り方も紹介していますが、

ぬれマスクでカゼ予防
http://www.murao18.com/kakushukansen/nuremask.html

これも期間限定で、体調を絶対崩せない時に限って使うべきだと思います。


いまの時期自転車に乗ると、冷たく乾燥した空気が鼻に入るので息苦しさを感じることがあります。


私も「こんな時マスクしてたら楽なんだろうな」と思いますが、マスクは使うことなく、深めの鼻呼吸をしてどうにか乗り切ってます。


そして自宅に帰ったら鼻うがい+うがいをするわけです。


多少キツい思いをして鍛えたほうが、結局は本人のためになることってありますよね。


楽をすると、長い目でみれば実は楽できなくなる結果を招くケースは意外と多いものです。


正しく「鼻呼吸」すれば病気にならない (KAWADE夢文庫)
正しく「鼻呼吸」すれば病気にならない (KAWADE夢文庫)


健康ブログ人気ランキングへ






: | ページトップへ