トップページ >呼吸器系> 鼻うがいをやるようになって その後 カゼを防ぐ効果

鼻うがいをやるようになって その後 カゼを防ぐ効果

先日あるイベントに参加した際、来年用に「ご皇室カレンダー」を購入しました。


1ページあたり2ヵ月のタイプで、価格はたったの1000円です。
安くないですか?


陛下やご皇室への感謝を表すのに、カレンダー購入がふさわしいかは微妙かもしれませんが、さしあたってできるのはこれくらいです。

年明けの一般参賀に行ければ良いのでしょうけど。


護国神社へは初詣する予定なので、1年間まとめたタイプの暦も買うつもりです。


さて、先日メルマガでお知らせした鼻うがいについて。

ここ数日ものすごく冷え込んでますが・・・

カゼをひく気がしません!(・∀・)


うがいや食後のみかん(ビタミンC)、スピルリナにヨーグルトなど「カゼを防ぐ効果がある!」と実感する要素のひとつに、鼻うがいも加わりました。


これはキテます。(古い)


鼻うがいで水(実際には塩を含んだぬるま湯ですが、便宜上水とします)を鼻腔に通すと、その時だけサラッとした鼻汁が出ます。


鼻を通す水だけでなく、この鼻汁も鼻腔内の雑菌類を流す役割が大きいと思います。


といっても鼻うがいは毎日やっているわけではありません。


外で長時間過ごした後や、人の多い場所に居た日など、「ここぞ」という時に鼻うがいをやります。


だいぶ慣れてきたので、普通のうがいと同じくらい気軽にできるようになりました。

こうやって少し慣れて(狎れて?)きた頃にポカをやりがちなのですが。


このところキッチンの塩は料理用でなく、鼻うがいでの消費が多くなっています。


鼻うがいは、できるようになって損はしない習慣だと思います。


この冬も各種感染症の流行が取り沙汰されていますし、一度挑戦してみてはいかがでしょうか。


鼻うがい鼻腔洗浄器 ナサリンの紹介動画です。


健康ブログ人気ランキングへ






: | ページトップへ