トップページ >毛髪> 薄毛対策私見 2 たんぱく質摂取 食事でやってること 優先されない頭髪 

薄毛対策私見 2 たんぱく質摂取 食事でやってること 優先されない頭髪 

髪はたんぱく質でできており、たんぱく質は人体で最も需要の多い栄養素のひとつです。


対して髪の毛はそれほど重要でない、というか、無くても生命を脅かすことはありません。

つまり、たんぱく質摂取量が十分でないと、

「髪はそれほど大事じゃないから、毛根へのたんぱく質補給はまた後で」

という場面も増えるはずです。

毛根が必要とするその他の栄養分も同様でしょう。


「肌への水分は後回し」が起きるのであれば、「髪へのたんぱく質も後回し」になり得るわけで、たんぱく質が慢性的に不足していると、いつまでも髪が作られないケースも考えられます。


肌のために水、と意識するのであれば、髪のためにたんぱく質(などの栄養)と意識して何の不思議もありません。


たんぱく質関連で私がやっていることとしては・・・


・朝イチと寝る前にアミノ酸顆粒かプロテインを摂取

・水泳の後にアミノ酸顆粒を飲む

・卵をほぼ毎日1~2個食べる

・納豆もほぼ毎日1パック食べる

・昨年から玄米を食べるようになった(玄米はアミノ酸バランスが優れているそうです)


・・・くらいでしょうか。


ただ、「現代人はたんぱく質をとりすぎ」という報道は相変わらず目にします。


しかし私個人の感想としては、ホントかな?という気がするのです。

炭水化物は十分なイメージがありますが、ストレスの多い今の社会、たんぱく質が不足している人は多いのではないでしょうか。


このように感じるのも、私がたんぱく質信者だからかもしれませんが・・・。


次回は血行促進です。


水道橋博士 おすすめセット(プログノ126EXシャンプー200ml + プログノ214ヘアプロテイン100ml)
水道橋博士 おすすめセット(プログノ126EXシャンプー200ml + プログノ214ヘアプロテイン100ml)


健康ブログ人気ランキングへ






: | ページトップへ