トップページ >生活習慣病> 香川県が糖尿病率全国ワースト 私ならこうする

香川県が糖尿病率全国ワースト 私ならこうする

ちょっと前の記事ですが、香川県の糖尿病率が全国でワーストになったそうです。

香川県が糖尿病対策に力、08年受療率全国ワースト1
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=46087


人口10万人あたりの糖尿病治療患者数である「受療率」が、全国で最も高かったのです。

上の記事に、次のようにあります。


県健康福祉総務課は、直接的な原因についてはわからないとしたうえで、うどん文化の中であまりかまない「早食い」傾向がみられることや、野菜摂取量や運動不足が影響しているのではないかと推測する。


香川県は言わずと知れたうどん文化の県であり、県民のうどん消費量も圧倒的に多いそうです。


うどんはGI 値が高く、血糖値を上げやすい食品です。


生活習慣でうどんを食べる機会が多ければ、血糖値が高くなりがちなのも無理はありません。

最もマズいのは、


すきっ腹にうどんを単独でかきこむ


ことだと思います。

これでは血糖値が猛烈に上がってしまいます。

こういう食べ方を習慣として続けていては、いつか高確率で糖尿病を発症してしまうでしょう。


とはいえちょっと工夫すれば、うどんを食べても血糖値を上げにくくすることは可能です。


私なら、こんなことが思いつきます。
うどんを食べる前に・・・


・牛乳を飲む
・食物繊維を含む食品を食べる
・葉物野菜や海藻など、GI 値の低い食品を食べる


・・・といったことをやるのです。
最初に食べるのがキモです。


これらを実行すれば、血糖値の急上昇を抑えられます。


ちょっとしたことですが、生活習慣として長いこと続けていけば、いつか大きな差になるのではないでしょうか。


うどんに限らず、私は食事前には上のいずれかをやるようにしています。

葉物野菜や海藻を食べる心がけとも言えるので、栄養のバランスもとれて一石二鳥です。


私はうどん大好きなのですが、香川ではかなり昔に数回食べたきりです。


血糖値が上がりやすいのは意識すべきとはいえ、それを防ぐのは簡単なことなので、またいつか香川でうどんを食べたいものです。


ああ、食べたくなってきた・・・。


血糖値を上げない! 健康おつまみ109 (糖質制限食シリーズ)
血糖値を上げない! 健康おつまみ109 (糖質制限食シリーズ)


健康ブログ人気ランキングへ






: | ページトップへ