トップページ >お笑い芸人さん> 松村邦洋さんのダイエットと東京マラソン後の食事

松村邦洋さんのダイエットと東京マラソン後の食事

ものまねタレントの松村邦洋さんが09年の東京マラソンで危うく命を落としかけたのは大きなニュースになりました。


デビュー当時の松村さんは体重が75kgだったのですが、これまでの最高で142kgまで太ってしまったことがあるそうです。

体重がほぼ2倍になってしまったわけですね。
(松村さんの身長は164cmです)


これほど太ってしまったのは、


・稼げるようになって一日5食食べることもあった
・牛丼や焼き肉、ラーメンなど外食ばかり
・しかも早食い


といったことが理由のようです。

あまりにも身体が重くなりすぎて日常の動作がきつくなり、それまで住んでいたマンション三階の部屋とは別に、一階にも部屋を借りたのだとか。


ある時医師から「このままでは長生きできない」と言われ、06年ダイエットに一念発起します。


そこで、次のようなことを心掛けるようになりました。


・食事は朝無調整豆乳と青汁を混ぜたドリンクだけ
・昼はお弁当で揚げ物の衣は外してご飯は少し残す
・夜は鶏のささみと野菜の鍋

・仕事が終わったらジムに直行してプールで水中歩行
・閉館時間になると別のジムへ移動して筋トレ


こうした努力の結果、体重が100kgを切り、40kg以上の減量に成功します。


体重が減ってからはマラソンにも少しずつ挑戦するようになり、完走もできるようになりました。


練習を積んで臨んだ東京マラソンでしたが、かなり危険な目に遭ってしまいました。


つい張り切りすぎて序盤から少し飛ばしすぎたのが失敗だったようです。


スタートから15km地点で倒れ、気がついたらベッドの上でした。


医師からは


「心臓を守るために、塩分とエネルギーを控え、バランスよく食べるように」


とアドバイスされ、退院後は低塩分、低エネルギーの冷凍おかずセットを利用しています。


玄米も自分で炊き、野菜もたくさん食べているそうです。

すしを食べるときも醤油はつけず、ラーメンのスープも「しょっぱい」と感じるようになりました。


今年(2011年)も2月27日に東京マラソンが開催されますね。

出場される方は、くれぐれも体調に気をつけて下さい!


デブの真実
デブの真実


健康ブログ人気ランキングへ






: | ページトップへ