トップページ >生活習慣病> 糖尿病の根治も? 膵島(すいとう)細胞移植手術その1

糖尿病の根治も? 膵島(すいとう)細胞移植手術その1

今年(2010年)の2月、こんなニュースが流れました。


膵島(すいとう)細胞移植の拒絶物質を特定 糖尿病治療への応用期待
福岡大と理化学研究所

http://www.sankeibiz.jp/econome/news/100203/ecb1002030511000-n1.htm


詳しくは上の記事を読んで頂くとして、何が期待されているのか?
というと、簡単には・・・


糖尿病の根本治療になりうる手術での拒絶反応を抑えることができるかもしれない


のです。

この「糖尿病の根本治療になりうる手術」が、先の記事にある膵島細胞移植手術です。


「膵島細胞」とはあまり聞き慣れませんが、これは膵臓内にあってインスリンを作る細胞です。


この膵島細胞を肝臓内に移植するのが膵島細胞移植手術なのです。


簡単に言うと、膵臓の「メイン」になる膵島細胞を肝臓に移し、インスリンを作るという膵臓の働きを、肝臓にやってもらうための手術なわけです。

こう書くとなにやら大がかりな手術のようですが、実は膵島細胞移植はかなり簡単な手術で済んでしまいます。

麻酔も局所麻酔だけです。


膵臓全体を移植するという方法ももちろんあるのですが、こちらは手術自体も、また術後も患者の負担がかなり大きくなってしまいます。


詳しくはこちらをどうぞ
膵臓移植
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec16/ch187/ch187g.html


このように概要を見ると

「なんだ、膵島細胞移植って良いことずくめじゃん!」

と考えられそうですが、実はそう簡単ではありません。


(その2へ続きます)


Islet Equality 1ー2―2型糖尿病における膵島機能とインクレチン
Islet Equality 1ー2―2型糖尿病における膵島機能とインクレチン


健康ブログ人気ランキングへ






: | ページトップへ