トップページ >呼吸器系> マスク装着のポイント 着け方や注意点

マスク装着のポイント 着け方や注意点

新型インフルエンザの流行に伴い、マスクを着ける人が非常に多くなっています。


(欧米では街中でマスクをすることはまず無いそうなので、欧米人の目には日本の風景がやや奇異に映るそうですが)


絵のついたマスクを子供も使ったりしていて、マスク着用は日本ではすでに普通のことになっているようです。


新型インフルエンザの予防や「せきエチケット」として推奨されているマスクですが、ポイントをおさえた着け方でないと効果は落ちてしまいます。

マスクを着ける際の最大のポイントは、何と言っても


「マスクと顔の間にできるすき間を極力少なくすること」


です。

マスク製品の中には、不織布製で「花粉・ウイルスなどの除去率99%以上」といった表現を載せているものがありますが、すき間ができてしまうと当然のことながらその性能は発揮されません。


マスクを着ける際は


まずはマスク上部を鼻に当てる
その後下端をアゴにしっかりかける
ヒモを耳にかけてマスクを固定


という手順だとすき間ができにくいそうです。


ただし、すき間を作らないための最大のポイントは


マスクのサイズが顔に合っているかどうか


にあります。


マスクが大きすぎると、頬の部分ですき間ができやすくなり、小さすぎるとカバー領域が小さいため鼻の横と頬のどちらか、あるいは両方ですき間ができてしまいます。


これからは花粉症も気になる季節が近づいてきます。


ウイルスを侵入させないマスクの使い方は、もちろんそのまま花粉を防ぐ方法でもあります。


花粉症の方は、自分が使うマスクの大きさなどをこの時期から見直してみるのも良いのではないでしょうか。


楽天市場のインフルエンザ対策マスク一覧です
着け方などを解説した動画も紹介されています。


高い信頼性(日本製マスク) 【ブリッジ ドクターマスク(メディカルマスク) Mホワイト 50枚入】 医療現場で使われているマスク
高い信頼性(日本製マスク) 【ブリッジ ドクターマスク(メディカルマスク) Mホワイト 50枚入】 医療現場で使われているマスク


健康ブログ人気ランキングへ






: | ページトップへ