トップページ >骨・関節> 糖尿病と骨 高血糖で骨折しやすく

糖尿病と骨 高血糖で骨折しやすく

糖尿病の合併症として網膜や神経の障害はよく知られていますが、糖尿病が骨を弱くしてしまうことはあまり認知されていないのではないでしょうか。


実際に、糖尿病を発症した人は骨折のリスクが高く、男性では特にその傾向が強いそうです。


こちらのサイトを参考にしました。
糖尿病と骨粗鬆症

女性に多い骨粗鬆症は骨量が減少する、つまり骨密度が低くなることで発症しますが、高血糖による骨の脆弱化は骨密度が正常値でも発生してしまいます。


骨内部の成分は大まかに分けてコラーゲンと、カルシウムなどのミネラル分でできています。


骨密度はこのミネラル分の量を測るわけです。


コラーゲンはミネラル分をつなげる役割をしているのですが、高血糖状態が続くとこのコラーゲンの質が悪くなり、強度が落ちてしまいます。


つまり骨量(ミネラル分の量)が多くても、それをつなげるコラーゲンが弱っているため、結果的に骨がもろくなってしまうのです。


また、糖尿病で食事制限をおこなっていると、摂取するカルシウムの量が不十分になりがちなのも骨を弱くする原因のひとつと考えられています。


ある程度年齢が進んで骨折のリスクが上がるのは女性が多い、というイメージがありますが、男性でも血糖値が高いのであれば骨折を警戒するべきと言えそうです。


(それ以前に骨粗鬆症や糖尿病を防ぐのが何よりも大事なのでしょうけど・・・)


ミネラルの働きと人間の健康: 糖尿病、認知症、骨粗しょう症を防ぐ
ミネラルの働きと人間の健康: 糖尿病、認知症、骨粗しょう症を防ぐ


健康ブログ人気ランキングへ






: | ページトップへ