トップページ >腰痛> 腰痛即コルセットは正しいか?

腰痛即コルセットは正しいか?

以前、立ち仕事が多い友人から「最近仕事中に腰が痛くなるんだけど、コルセットとか使った方がいいかな?」という相談を受けたことがあります。


それに対する私の答えは・・・

「とりあえずは使うのをやめた方がいい」


というものでした。

友人の話を聞いていたら、「血行が良くなれば回復する、一時的な腰痛」と思ったからです。


私の判断はどうやら正しかったようで、友人はその後回復したようです。


私個人的には、急性のギックリ腰といった場合を除いて、「腰が痛いからコルセットを使う」という考え方には懐疑的です。


「腰が痛いから、仕事中はずっとコルセットをはめている」といった、「慢性的な」使い方などはかなりヤバいんじゃないか?と思ってしまいます。


その理由は、なんと言っても

腰周辺の筋力が弱ってしまい、悪循環に陥る可能性があるから

に尽きます。

腰が痛いからとコルセットを巻いてしまうと、筋肉を使わなくても体幹が固定されてしまいます。


すると筋肉が弱ってしまい、ますます腰痛が悪化してしまいます。

結果的に、腰が痛むからまたコルセットを使って筋力が弱るという悪循環を招くことになりかねません。


私は健康トピックの中でも腰痛には特に興味があるので、人から話を聞いたりいくつか資料に目を通したりといったことを意識してやりました。


その結果、上のような私の考え方はそれほど間違っていないと思っています。


コルセットを常用している場合、「腰を保護しているつもりが、実は腰痛回復の妨げになっている」という可能性も頭に入れておく必要があるのではないでしょうか。


立ち仕事などで腰が痛くなった場合、安静にするよりも、休憩時に歩いたりストレッチするなど意識して動かした方が回復が早いと考えています。

(ただし先述のように、ぎっくり腰など急性の腰痛では別です)


自分で治せる! 腰痛改善マニュアル
自分で治せる! 腰痛改善マニュアル


健康ブログ人気ランキングへ






: | ページトップへ