トップページ >手・腕・爪> ばね指について 原因や治療法など

ばね指について 原因や治療法など

ばね指とは、曲げた指を伸ばそうとすると「カクン」と弾かれたように伸びる症状のことです。


ばね指は腱鞘炎の一種で、指の「屈筋腱」という指を曲げるための腱に発生するものです。


出産後の女性や子供に多く、指を多く使う職業の人にも発症することがあります。


腱は腱鞘という「さや」の中を動きます。

ばね指は、何らかの原因で太くなった腱が腱鞘に引っ掛かることで発生します。

指を曲げた状態で腱が引っ掛かっていると、伸ばす際に引っ掛かりが急に外れてカクンと伸びるわけです。


腱が太くなる原因としては、先天的に腱が太い、あるいは腱鞘が腫れている、といったことがあります。


治療では患部の安静がまずは優先されます。

消炎鎮痛剤を内服したり、ステロイド剤の注射などの薬物療法を施すこともあります。


こうした対処でどうしても効果が見られない場合は、腱鞘に切れ目を入れる手術を行います。

腱鞘にタテに切れ目を入れることで、腱が腱鞘を通りやすくするわけです。


手術では局所麻酔を使い、切開部分も小さく15分ほどで終わるので困難な手術ではありません。

手術の効果は高く、術後の経過はほとんどのケースで良好とされています。


保険も適用されるので金銭的負担はそれほど大きくありませんが、ばね指の治療で手術が必要になるケースはごく少数のようです。


「福辻式」ばね指・テニスひじ改善プログラム
情報商材です。
(期間・数量限定の場合、販売を終了している可能性があります)


MPKサポーター (補助ベルト付き) 000-3051
MPKサポーター (補助ベルト付き) 000-3051


健康ブログ人気ランキングへ






: | ページトップへ