トップページ >花粉症> 花粉症対策 キツツキつんつん体操について 原理や効果など

花粉症対策 キツツキつんつん体操について 原理や効果など

花粉症についてネットをウロウロしていたら、「キツツキつんつん体操」なるものを目にしました。


これは鎖骨周辺を「ツンツン」することで花粉症の症状を軽減させるという体操だそうです。


06年くらいから徐々に広がっているようです。

もともとは、どこかの(場所はわかりません)お弁当屋さんのご主人が編み出した方法のようで、やり方としては


鎖骨を中心にして、親指や人差し指の先でつつくことで刺激を与える


という解釈でOKだと思います。
この刺激により、主に鼻炎の症状が軽減され、鼻の通りが良くなる効果が期待できるそうです。

さらに具体的には


「1回あたり5分程度、1日3回」
「右の鎖骨刺激で左の鼻が、左の鎖骨で右の鼻の通りが良くなる」


のだとか。
一体どういう原理でそのような効果が出るのか?と調べてみたところ、


「鎖骨周辺を刺激することで血液やリンパの循環が良くなる」
「肩こりやセキを軽減するためのツボを刺激する」


ということのようです。


ホントかな?ということで、鼻づまり気味の時に私もやってみたところ、

「何となく効果があるような・・・」

という気はしました。
確かに鼻の通りが良くなったのです。

「ツンツン」したのは数10秒だったので、もっと続ければさらに効果が実感できたかもしれません。


「とりあえず鎖骨をツンツンする」だけですので、非常に手軽にできます。

花粉症などで鼻づまりに悩んでいるなら、一度は試す価値がありそうです。


花粉症を体質から治す
花粉症を体質から治す


健康ブログ人気ランキングへ






: | ページトップへ