トップページ >花粉症> 花粉症対策には室内干しが有効か はたいても残る花粉 

花粉症対策には室内干しが有効か はたいても残る花粉 

熊本ではスギ花粉の峠は越したものの、街中でマスクを着けている人の数はまだまだ減る気配がありません。


私は幸い花粉症には悩まされていませんが、症状が出る人にはそれぞれ対策があるでしょう。

対策の中でも「家の中に花粉を持ち込まない」のは非常に重要な項目ではないでしょうか。

帰宅した際や、干した洗濯物に取り込む時に花粉を極力落とすようにしているケースは多いでしょう。


天気予報などでは「明日は花粉が多く、屋外に干した洗濯物に花粉が付くおそれがあります」なんてことも言っています。


P&G清潔生活研究所が、外干しした洗濯物と花粉の付着について調査しています。


綿100%の布を洗濯した後、濡れた状態でスギ花粉を付け、気温20度、湿度40%の環境で乾燥させてから花粉をはたき落とす実験を行いました。


その結果、手ではたき落としても花粉の81.8%は布についたままだったそうです。


一方で、乾燥した状態の布につけた花粉を手で落とすと、14.7%しか残りませんでした。


つまり、洗濯した衣類を外干しすると、例え手ではらっても花粉はほとんど残っているわけです。


同研究所では「たとえ晴れて洗濯日和の日でも、花粉症対策を考えるなら洗濯物は室内干しにした方が良い」と結論付けています。


天気が良い日には、どうしても室外に干してパリッと乾燥させたくなりますが・・・。


超立体 マスク花粉用 ふつう 30枚
超立体 マスク花粉用 ふつう 30枚


健康ブログ人気ランキングへ






: | ページトップへ