トップページ >生活習慣病> 糖尿病の運動療法について 効果やねらい、注意点など

糖尿病の運動療法について 効果やねらい、注意点など

糖尿病は血液中に血糖が異常に多くなった状態です。


運動療法は、高くなった血糖値を運動を行うことで下げる目的で行われます。


運動療法は、国内糖尿病患者の9割を占めるⅡ型糖尿病に有効とされています。

食習慣の乱れや運動不足、肥満といった理由で発症するいわゆる生活習慣病の糖尿病ですね。


対して、免疫機能の不調により20歳未満に多く発症するⅠ型糖尿病の場合は運動療法の効果はよくわかっていないそうです。


運動療法の主なねらいとしては、


1血液中の血糖量を直接減らす
2インスリンが効きにくい状態(インスリン抵抗性)を改善する


の二つがあります。


食事をすると血糖値が上昇します。

そのピークは食後1時間ごろに訪れるため、このタイミングで適度な運動を行うことで血糖をエネルギーとして消費し、結果的に血糖値を下げるわけです。

これが1のねらいになります。


糖尿病はインスリンの効果が弱まることによって発症しますが、運動で筋肉を動かすとインスリンの働きを活性化させることができるそうです。


結果的に血糖値を下げる効果があり、2のねらいはここにあります。


運動療法ではウォーキング、ジョギング、水泳など有酸素運動を中心に行います。

筋肉をつけるための筋肉トレーニングをすることもあります。


ただし、最高血圧が180mmHg以上、あるいは腎臓機能が低下しているなどの状態で運動を行うと症状が悪化することがあるそうです。


自己判断で運動を始める前に、一度医師に相談すると安心です。


糖尿病運動療法指導マニュアル
糖尿病運動療法指導マニュアル


健康ブログ人気ランキングへ






: | ページトップへ