トップページ >生活習慣病> 糖尿病の神経障害について 足の症状・兆候 チェック法など

糖尿病の神経障害について 足の症状・兆候 チェック法など

神経障害は糖尿病の三大合併症のひとつです。
「足が壊死する」ことで知られています。


神経障害は「神経が破壊され、機能しなくなる」症状で、糖尿病患者の3割ほどに発生します。


糖尿病で神経障害がなぜ起こるのかは、現時点でハッキリとは解明されていないそうです。


神経が破壊されたことによる症状は足に表れることが多く、「感じたり、感じなかったり」するのが症状です。


「感じる」症状としては


しびれ ピリピリ・チクチクした痛み 足の冷え


といったものがあります。
これらは片足だけでなく両足に発症します。


しびれなどの異常を感じる場合は「何か変だな」と診察を受けることも考えられますが、怖いのは「感じなくなる」症状です。


神経障害で痛みを感じなくなると、足にケガをしても気付かずに治療せず、放置してしまうこともありえます。

消毒も施さないため傷口から細菌感染を起こし、壊死にまで至ることもあるわけです。


足にお湯がかかって火傷したり、足の指を骨折しても気付かないケースもあるそうです。


「かゆみ」も感じなくなるため、水虫が進行することもあります。


また神経障害は汗のかき方にも異常をもたらします。
体の一部が全く汗をかかなくなる(あるいは多くかく)こともあるのです。


足が汗をかかなくなると皮膚が乾燥して、靴ずれなどが起きやすくなります。

するとその傷口からの細菌感染リスクも高くなってしまいます。


痛覚が保たれているかをチェックする方法として、楊枝や竹串を使う方法があります。


患者は目をつぶり、誰かに楊枝か竹串で足の指をつついてもらいます。
とがった部分と逆の部分を用い、患者はどちらで突かれたのかを答えます。


神経に異常が無ければ100%正解が出ます。
間違える場合は痛覚の低下が疑われます。


ニチレイ カロリーナビ7種240Kセット
ニチレイ カロリーナビ7種240Kセット


健康ブログ人気ランキングへ






: | ページトップへ