トップページ >生活習慣病> 糖尿病と心臓疾患のリスク

糖尿病と心臓疾患のリスク

糖尿病というと、

糖尿病網膜症・・・網膜の血流が悪くなり、視力の低下や失明の原因になる。


神経障害・・・手足のしびれや筋力低下、EDなど自律神経障害を発症する。


腎臓障害・・・腎臓の糸球体の機能が落ちる症状で、進行すると人工透析が必要になる。


といった合併症がよく知られています。

いずれも重篤な症状であり、何としても予防されるべきですが、これらに劣らず深刻な疾患リスクも糖尿病が上げてしまうことはあまり知られていない印象があります。

その「深刻な疾患」とは心臓病です。


大阪成人病センターの調査では、糖尿病を患ってる人は、そうでない人に比べて狭心症や心筋梗塞などにかかるリスクが約3倍高くなるそうです。


さらに、日本循環器病センター統計では「不安定狭心症または心筋梗塞で入院した患者の7割は糖尿病あるいはその予備軍」だったことがわかっています。


糖尿病と心臓疾患の関係はヨーロッパでも指摘されていて、07年9月に開かれた欧州糖尿病学会では「糖尿病患者は高脂血症の治療を十分に行わないと心臓病のリスクが高まる」と報告されました。


ちなみにアメリカでは糖尿病患者の半分以上が心臓病で亡くなっているそうです。


糖尿病をすでに発症していると食事などをきちんと管理することが多いですが、怖いのは糖尿病予備軍の人達が自分の生活習慣に無頓着なケースです。


現在、成人の6人に1人は糖尿病予備軍だそうです。


先の日本循環器病センターの統計でもわかるように、たとえ「予備軍」であっても心臓疾患リスクは高まります。


心筋梗塞などは発症したら生命の危機に直結します。

健康診断などで「糖尿病予備軍ですよ」といった注意を受けた場合、命にかかわる心臓病の予備軍でもある、という意識を持つ必要もあるのではないでしょうか。


グルコケア 粉末スティック 30包
グルコケア 粉末スティック 30包


健康ブログ人気ランキングへ






: | ページトップへ