トップページ >毛髪> 女性の薄毛とリアップレディ苦戦の理由

女性の薄毛とリアップレディ苦戦の理由

女性が抜け毛や薄毛を気にし始める年齢の平均は38.9歳なんだそうです(08年時点)。

また、成人女性の約三割が薄毛を実感しているのだとか。


薄毛といえば、大正製薬が発売した発毛剤リアップは大ヒットしました。


この好評を受けて、05年に同社は日本初の女性用発毛剤「リアップレディ」が発売されましたが・・・


これが予想外に売れていないんだそうです。
発売前には「女性用を発売して欲しい」という要望がメーカーに殺到していたそうなのですが・・・。


なぜ売れないのかを分析したところ、女性用発毛剤は「代理購買」が起こりにくいのだそうです。


つまり男性用であれば、男性が「買うのは恥ずかしい」と感じたとしても、奥さんが買い物のついでに購入してくれるケースがあります。

奥さんも「男性用発毛剤」なのでお店で気兼ねすることもありません。


しかし女性用発毛剤はどうでしょうか?


女性も、発毛剤をお店で買う際に周囲や店員の目が気になるのは男性と同じです。


しかし男性(旦那さんなど)が買い物に行くケースは少ないですし、どうしても女性本人が買うことになります。

するといきおい、買うのをためらってしまう・・・ということになるのだとか。


男性が女性の発毛剤を買ってあげる、ということが一般的になれば状況がだいぶ変わってくると思うのですが。


ちなみに私は女性の薄毛の大きな原因のひとつに「たんぱく質不足」があると考えています。

ダイエットを意識している場合は特に注意が必要ではないでしょうか。


薬用アデノゲン グレイシィ 150ml (資生堂 女性用育毛剤) (医薬部外品)
薬用アデノゲン グレイシィ 150ml (資生堂 女性用育毛剤) (医薬部外品)


健康ブログ人気ランキングへ






: | ページトップへ