トップページ >手・腕・爪> ネイルの危険性 爪の病気 カビ菌感染など 防止法も

ネイルの危険性 爪の病気 カビ菌感染など 防止法も

女性の間にいわゆる「ネイル」が大流行していますね。


人工の付け爪(スカルプチュア)や、ジェルネイルなど、芸術作品の域に達しているものまであります。


しかし、ネイルも注意しないと「グリーンネイル」など爪のトラブルを引き起こします。
特に付け爪は注意が必要です。


スカルプチュアを付けてからしばらくすると、自分の爪が伸びてきます。


するとスカルプチュアと自分の爪の間に隙間ができて水分が入り、雑菌が繁殖しやすくなるのです。


結果として、次のような菌に感染してしまうことがあります。
症状も一緒に紹介してみます。


緑膿菌  爪の一部が緑色になる「グリーンネイル」になります。

カンジダ(白カビ)  爪の先端が白くなります。

白癬菌(いわゆる爪水虫) 先端が白く濁ってきます。


スカルプチュアを付けた後二週間ほどしたら自爪も伸びてきます。
その頃にはもう一度ネイルサロンを訪れ、上塗りをして隙間を埋めてもらいましょう。

雑菌やカビの繁殖を防ぐことができます。


爪につけたカラーなどを落とす時にも注意が必要です。


除光液に含まれているアセトンは爪の油分まで除去してしまいます。
爪の油分が無くなると立てじわが出たり、爪が割れやすくなったりします。


オシャレなネイルですが、爪にトラブルが起きた時は治療を優先させましょう。

「手の指の爪が水虫」なんてことになったらオシャレどころではありませんし。


以下に、爪の雑学を連打してみます。


・爪の表層は呼吸はしていません。

・爪を強くするためには指先の血行を良くする必要があります。

・手の爪は約半年、足の爪は約一年で完全に生え替わります。

・爪にトラブルが起きたときにマニキュアを塗って隠すのはNGです。


ネイルの教科書―ケアで爪は生まれ変わる (生活実用シリーズ)
ネイルの教科書―ケアで爪は生まれ変わる (生活実用シリーズ)


健康ブログ人気ランキングへ






: | ページトップへ