トップページ >呼吸器系> 肺膿瘍(はいのうよう)とは 症状や原因、予防法など

肺膿瘍(はいのうよう)とは 症状や原因、予防法など

肺膿瘍は08年の5月、お笑いコンビ・よゐこの有野晋哉さんがかかったことでよく知られるようになりました。


肺膿瘍は肺が細菌に感染することで化膿し、うみが溜まる病気です。
肺の組織が壊死するため肺の機能は破壊されてしまいます。

代表的な症状としてはせき、たん、高熱、胸痛といったものがあります。
肺膿瘍のたんは大量に発生して悪臭があるのが特徴で、症状が進むとたんに血が混じるようになります。


肺膿瘍は空気中の細菌を吸い込んだり、歯周菌が肺に侵入することで発症します。


身体に抵抗力があれば、細菌を吸い込んでも肺膿瘍になることはありません。


過労などで抵抗力が落ちていると肺膿瘍を発症してしまうのです。
喫煙習慣のある人や薬物常習者も発症しやすいようです。


肺膿瘍の治療は抗生物質の投与がメインになります。


強めの抗生物質が使われますが、完治するまでには1~2ヶ月かかるようです。
回復が思わしくない時は手術による患部の切除も行われます。


ちなみに私も以前気管支に細菌感染を起こしたことがあります。
食事の栄養バランスが悪く、身体の抵抗力が弱かったのです。

(足の裏などにイボができていた時期と重なります)


私の場合もタンやせきが非常に多く出ました。
夜寝るときに横になるとセキがひどくなるので、眠るのに苦労しました。


症状が風邪に似ていますが、細菌感染では市販のかぜ薬は効きません。
私も病院で抗生物質を点滴してもらいました。


寒い日が続いています。

セキやたんなど、風邪のような症状が治まらない場合は、肺膿瘍とまではいかなくとも細菌感染かもしれません。


市販のカゼ薬で治らなければ、やはり一度は病院の診察を受けましょう。


免疫力が上がる生活 下がる生活 (PHP文庫)
免疫力が上がる生活 下がる生活 (PHP文庫)


健康ブログ人気ランキングへ






: | ページトップへ