トップページ >花粉症> 手軽な花粉症治療 下甲介化学剤手術 内容や効果、費用など

手軽な花粉症治療 下甲介化学剤手術 内容や効果、費用など

下甲介(かこうかい)化学剤手術は花粉症治療手術のひとつで、治療内容を簡単に言うと「鼻粘膜の質を変えて、花粉症の症状を緩和する」手術です。


手術後3年以上経った人でも鼻づまり70%以上、くしゃみは60%の改善率が確認されています。

この手術では、トリクロール酢酸の水溶液を鼻腔の「下甲介(かこうかい)」という部分に塗布します。


酸にはたんぱく質を変性させる作用があります。
この作用が鼻の粘膜の質を変えるわけです。


手術の際にはまず血液検査が行われます。

その後、花粉症以外の疾患の有無や鼻内部の器官にゆがみが無いかなどを調べます。
これらのチェック項目がクリアされれば手術が行われます。


手術では鼻に麻酔をかけ、トリクロール酢酸を綿棒で鼻腔に塗ります。
手術内容としてはこれだけなので、30分かからずに手術は終わります。


患者の身体への負担はほとんど無いと言えるでしょう。


当日に帰宅でき、仕事や運動、入浴も可能です。
ただし、鼻はかんではいけません。


翌日以降はうってかわって鼻をかまなくてはいけません。


「鼻をかむのが治療」と意識して左右交互に二週間は鼻をかみ続けます。
鼻をかむ際に血が混じることもありますが、特に心配はありません。


手術費用は鼻の両側合計で2000円ほど、再診料を入れても3000円くらいが相場のようです。
一度手術すると効果が5年ほど継続します。

副作用の心配はありません。


金銭的にもそれほど高額ではなく、手術も外来でOK、しかもかなり高い効果が期待できることから手術を希望する人はかなり多いようです。

手術に予約が必要なこともあり、場合によっては1ヶ月以上待つこともあります。


Noale(ノアレ) KW乳酸菌(タブレット) 30粒
Noale(ノアレ) KW乳酸菌(タブレット) 30粒


健康ブログ人気ランキングへ






: | ページトップへ