トップページ >骨・関節> ナンバ式 動きや効果など 骨体操のさわりも

ナンバ式 動きや効果など 骨体操のさわりも

ナンバの動きのひとつである「右手と右足、左手と左足を同時に出す」はよく知られています。


ナンバでは「ねじらない、踏ん張らない、うねらない」ことが大原則であり、上記の動きはこの原則にのっとったものです。

日本人は古来この動きを自然に行っていました。

ナンバの動きは消費エネルギーが少なく、身体への負担もかかりにくい特徴があります。
忍者や飛脚が長距離を走ることができたのも、ナンバ走りを実践していたからです。


しかし明治維新後に西洋の歩行法が紹介されてからは、ナンバの動きが自然と廃れていったそうです。


ただし完全に絶滅してまったわけではなく、日本の伝統文化である相撲や武道、歌舞伎・能などの中にはナンバの動きが受け継がれています。


また、陸上の末續慎吾選手や現役時代の桑田真澄投手はナンバの動きをとりいれています。


イチロー選手やバスケットのマイケル・ジョーダン選手といった、選手生命が長く、かつ高い競技能力をキープしているアスリートにはナンバの動きが随所に見られるそうです。


ナンバを応用した体操などは講座も開かれているため、アスリートに限らず一般の人も学ぶことができます。


ナンバ式体操のポイントは、頭蓋骨、胸郭、骨盤といった身体のパーツを箱に見立てて、平行四辺形をスライドさせてつぶすような動きをすることです。

この動きだと筋肉や関節に負担がかかりにくくなります。


こうした動きを取り入れたナンバ式体操は、肩こりや腰痛の改善に効果があるそうです。
一例を紹介します。


手をひざにあてて、「膝をたたむ」ことを意識しながらゆっくりしゃがみます。


つま先と膝は斜め前方に向け、顔・肩・腰は正面を向いたままでしゃがむことで身体のゆがみを補正します。


足はつま先をわずかに外に向けて肩幅に開きます。
手を組んで腕を上に伸ばし、上体を左右に倒します。


その際、腰も同じ方向に突き出します。
身体の形を「く」の字ではなく「S」字型にするのがポイントです。


ナンバ式 骨体操(1) 「ナンバ的動き」のコツ [DVD]
ナンバ式 骨体操(1) 「ナンバ的動き」のコツ [DVD]


健康ブログ人気ランキングへ






: | ページトップへ