トップページ >> 吉田沙保里選手や伊調選手は矯正手術で視力回復

吉田沙保里選手や伊調選手は矯正手術で視力回復

女子レスリングの吉田沙保里選手が近視を矯正して成績を上げた話題は以前にお伝えしました。
今回は続報としてどの程度回復したかをお知らせしてみます。


↓以前の記事はこちらをどうぞ
吉田紗保里さんはオルソケラトロジーで視力改善

吉田選手だけでなく、08年のオリンピック前には伊調千春・伊調馨の両選手も近視を矯正したそうです。


吉田選手らが受けたのは特殊なコンタクトレンズを着けて眠ることで角膜の形を変え、視力の矯正を図るオサート手術とも呼ばれる治療法です。
(吉田選手はレーシックを敬遠していました)


強度の近視や乱視だけでなく、遠視も矯正できるのだとか。


吉田選手はじめ近視の選手は、これまでコンタクトをつけていましたが、試合中に外れることがしばしばあったそうです。


コンタクトをはめるためにタイムをとるとペナルティを受けるため、外れたまま試合を続けることになります。


視力は当然大きく落ちてしまうため、遠近感がつかめずに試合にならなくなってしまいます。


そのため、コンタクトを使用していた選手は目を常に気にしながら競技しなくてはなりませんでした。
ところが視力を矯正したことにより、その不安が一気に払拭されたわけです。


各選手の視力回復具合はこんな感じです。


吉田選手
右目 0.1→1.5
左目 0.08→1.0


伊調馨選手
右目 0.15→0.8
左目 0.2→1.0


伊調千春選手は近視が非常に強く、両眼とも1.0まで回復しましたが治療期間が足りずに完全な状態ではありませんでした。


(ちなみに私はレーザー近視矯正手術のレーシックを受けたことがありますが、レーシックでは遠視の矯正はできませんでした。

詳しくはこちらをどうぞ。

私のレーシック体験談です。


吉田選手らの視力矯正をサポートしたのは、東京都港区にある三井メディカルクリニックの三井院長です。


三井院長は国内のオサート手術の第一人者であり、今年の1月に吉田選手の連勝が119で止まったのを見て自ら協力を申し出たそうです。


プロ格闘家の山本KID徳郁選手、大リーガーの松井稼頭央選手も三井院長のオサート手術を受けています。


目の超音波治療器 ソニマック &ACアダプター 【厚生労働省承認医療機器】
目の超音波治療器 ソニマック &ACアダプター 【厚生労働省承認医療機器】


健康ブログ人気ランキングへ






: | ページトップへ