トップページ >腰痛> 血行不良と腰痛

血行不良と腰痛

「腰痛」と聞くと、ぎっくり腰やヘルニアをすぐ連想しますが、これらはかなり症状が進んだ腰痛であり、日常感じることのある腰痛のほとんどは血行不良によるものだと言われています。

同じ姿勢や動作を長時間続けると、動く筋肉と動かない筋肉がはっきり分かれてきます。


動かない部分は血流がスムーズに行かなくなり、筋肉が萎縮したり、こわばったりして神経を圧迫します。


すると痛みを感じるようになります。
この現象が腰で起きると腰痛になるわけです。


「ちょっと腰が痛かったけど、2~3日したら治った」という経験はないでしょうか?


これは血行不良から回復して筋肉のこわばりが解消したものと考えられます。
若いうちは一晩休めばOKだったものが、年齢が進むにつれて回復がだんだん遅れるようになります。


特に女性は筋肉が少ないこともあって血行が滞りやすく、30歳を過ぎると腰痛を発症率がぐんと高くなるそうです。


「腰は身体の要」なんてことが言われますが、現代の生活では腰は意外と運動不足になっています。


歩くことも少なくなっていますし、肉体労働の仕事をしない限り足腰を使う作業を全くせずに一日を過ごすことも可能になりました。


これは座っていても立っていても同様で、じっとしている限り腰の筋肉を積極的に使う機会はあまりありません。


こうした腰痛を防ぐためには、腰の血流を促す、すなわち腰の筋肉を動かしてやる必要があります。


もっとも簡単なのは歩くことです。


両手を腰にあてて歩いてみて下さい。腰の筋肉が動くのがわかると思います。
デスクワークでも定期的に休憩をとって歩くようにすれば腰の血行不良は防げます。


腰の筋肉(下部背筋)を鍛えたり、ストレッチするのも非常に有効です。

筋トレ本は男性用だけでなく、女性用のエクササイズ本などもたくさん市販されているので参考にしてみてはいかかでしょう。


つらい腰痛を、温熱でやわらげる!ワイドに痛みを包み込む! 大判26cmタイプ!ワイドサイズ10枚入
つらい腰痛を、温熱でやわらげる!ワイドに痛みを包み込む! 大判26cmタイプ!ワイドサイズ10枚入


健康ブログ人気ランキングへ






: | ページトップへ