トップページ >> 胃がんで内視鏡治療の適用条件や手術について

胃がんで内視鏡治療の適用条件や手術について

胃がんの内視鏡治療技術の進歩は著しく、早期に発見された胃がんであれば内視鏡治療によってほぼ100%の治癒率を確保できる場合もあります。


ただし、内視鏡治療を施す際には条件があります。


それは

「胃粘膜までの分化型がんで直径は2cmまで」

であり、簡単に言うと「癌がまとまっており、リンパ節などに転移しておらず、なおかつ直径2cm以下」ということになります。


「分化型」とは、がん細胞の並び方が胃本来の細胞の並び方と似ているものを言い、胃がんの中では比較的対処しやすいタイプです。


これと対照的なのが「未分化型」のがんで、こちらは胃の細胞などとは無関係に体内のあちこちで進行します。


腹膜やリンパ節に転移することもあるのでより悪性が高いと言えます。
未分化型の胃がんでは原則として内視鏡治療は行いません。


内視鏡手術には二種類あり、ひとつはEMRと呼ばれる手術です。
EMRは患部にリング状のワイヤーをかけて切除する方法で、電流により患部を焼き切ります。


もうひとつはESDと呼ばれ、電気メスで粘膜を切開して粘膜の下層から患部を剥ぎ取る(剥離させる)手術です。

ESDはEMRよりも技術的には難しくなりますが、より大きな患部を切除することができますし、がん細胞の「取り残し」も少なくなります。


このような特徴から全国の病院ではESDが行われることが増えています。
先述の「大きさは2cmまで」という適用条件を拡大しようという動きも広まっているようです。


胃がん+男性がんリスクチェック
胃がん+男性がんリスクチェック


健康ブログ人気ランキングへ






: | ページトップへ