トップページ >> 胃がんと食塩・野菜摂取量の関連

胃がんと食塩・野菜摂取量の関連

日本人に胃がんが多いことはよく知られていて、その理由のひとつに、塩分摂取量の多さが挙げられています。


まずは高血圧を連想しがちな塩分の摂りすぎは、胃がんの原因にもなるのです。

過度の塩分は胃の粘膜層を破壊してしまいます。
すると胃の細胞が傷つきやすくなりがんを発症するリスクが高まるのです。


これを裏付ける調査が、厚生労働省のがん研究助成金で進められる「多目的コホート研究」によって行われています。


04年の同研究では、塩蔵魚卵(たらこ、いくらなど)や塩辛などをほとんど毎日食べる人は、ほとんど食べない人に比べて胃がん発症リスクが2~3倍増加したそうです。


また02年には、胃がんと野菜摂取量の関連を調査した結果も発表されています。
40~59歳の男女約4万人を対象に、10年間追跡調査が行われました。


その結果、野菜や果物をほとんど食べない人を基準にすると、週一からほとんど毎日食べている人は胃がん発生率が3割ほど低かったのです。


胃がんリスクを低下させた野菜の成分としては、


ビタミンC、カロテノイド、フラボノイド、葉酸、植物性エストロゲン、イソチオシアネート、食物繊維


などの働きが考えられています。


新鮮や野菜を果物を毎日食べることは、がん予防につながると言えそうです。


厚生労働省による日本人の食事摂取基準では、野菜であれば1日に350gから400g、果物であれば皮を除いた量で150gから200gを摂取するよう推奨しています。


楽天の胃検診キット一覧です
購入者のコメントも紹介されています。


奥薗壽子の超かんたん! [極うま]減塩レッスン (PHPビジュアル実用BOOKS)
奥薗壽子の超かんたん! [極うま]減塩レッスン (PHPビジュアル実用BOOKS)


健康ブログ人気ランキングへ






: | ページトップへ