トップページ >骨・関節> 骨生成を助けるもの・妨げるもの カルシウムだけではダメ

骨生成を助けるもの・妨げるもの カルシウムだけではダメ

カルシウムは日本人に足りない栄養素としてよく知られています。


これから高齢化が進む日本では、高齢者の骨粗しょう症や骨折が増加することが予想されます。
カルシウムは今後さらに注目される栄養素になるでしょう。


それでは、骨を強くするためにはカルシウムをたくさん摂れば良いのでしょうか?


これはおそらく「半分だけ正解」です。
骨を作るためのメイン栄養素がカルシウムであることは間違いありません。
しかし、カルシウムだけでは骨を効率よく作ることはできません。


骨を生成するために必要な、カルシウム以外の要素とその作用を挙げてみます。

・ビタミンD
カルシウムの吸収を助ける働きがあります。
ビタミンDは日光を浴びることで体内で増え、魚類やキノコ類、卵黄に多く含まれています。


・イソフラボン、ビタミンK
骨芽細胞を活性化し、カルシウムを骨に定着させる働きがあります。
納豆、海藻、小松菜、春菊、ほうれん草、モロヘイヤ、ブロッコリーなどに多く含まれてます。


・骨に適度な刺激を与える運動
栄養素とは違いますが、骨はある程度の「衝撃」を受けないと強くなりません。
骨粗しょう症の予防に適度の運動は必須と言えます。


骨に良い食品は、和食に多く見られることに気付きます。
昔ながらの和食を食べ、適度な運動をすれば骨は自然に強くなるわけです。


逆に、カルシウムの吸収を妨げる要素としては、次のようなものがあります。

・過剰な肉類や脂質
脂肪酸が腸内に多く発生し、脂肪酸がカルシウムと結びつくためカルシウムが体内に吸収されにくくなってしまいます。


・過剰な塩分
塩分を多く摂ると、塩分に含まれるナトリウムを尿によって体外に排出しようとする作用が体内で働きます。

この時にカルシウムが消費されてしまうため、体内のカルシウム濃度が減少します。
するとカルシウムを補給するために、骨のカルシウムを取り崩してしまうのです。
結果として、骨が弱くなってしまいます。


簡単にまとめてみると、骨を強くするためには

「塩分を控えた和食を食べ、適度な運動をする」

ということになるでしょう。


健康ブログ人気ランキングへ






: | ページトップへ