トップページ >生活習慣病> 睡眠時間と糖尿病の関係 兼板佳孝講師の研究から

睡眠時間と糖尿病の関係 兼板佳孝講師の研究から

睡眠時間は、長すぎても短すぎても糖尿病にかかりやすくなるそうです。

日本大学医学部の兼板佳孝講師の研究によってわかりました。


兼板講師は地域の健診データ(約1000人分)と職場の健診データ(約2万2000人分)を分析しました。


その結果、睡眠が6時間以上8時間未満の人が糖尿病がもっとも少なく、6時間未満や8時間以上だと発症率が3~5倍になることがわかったそうです。

また、睡眠時間が5時間未満の人は、7年後に肥満になる危険性が5時間以上の人の1.2倍になり、糖尿病にもなりやすかったとか。


糖尿病と睡眠時間は無関係のようですが、意外と関連しているようですね。


睡眠時間と健康についての関連性は時々語られることがあります。
その際には「睡眠時間はどれくらいが一番いいのか」が必ずと言っていいほど問題になるようです。


この問いに対する答えは概ね「睡眠時間には個人差があり、どれくらいが適当か一概に言うことはできない」というのがお約束ではないでしょうか。


この答えはもちろん正しいと思いますが、私個人的には「7時間くらいが最も健康的」ではないかという印象があります。
上記の糖尿病の例もそうですが、「7時間は最も病気になりにくい睡眠時間」として紹介されることが多いのです。


とはいえ、「そんなに寝なくてもOKだよ」とか「もっと寝ないとつらい」という場合もあるでしょうから、あくまで目安ということで。


健康ブログ人気ランキングへ






: | ページトップへ