トップページ >呼吸器系> ヨガの呼吸と鼻の穴の関係

ヨガの呼吸と鼻の穴の関係

ヨガでは、右鼻の呼吸は「心身を活性化させる」とし、左鼻の呼吸は「心身を沈静化させる」と考えるんだそうです。


とはいえ「だったらリラックスしたいときは左の鼻の穴だけで呼吸すればいいんだ」
と考えるのは早計なようです。

ヨガはバランスを常に重視するので、緊張をほぐしてリラックスしたいときでも両鼻で交互に呼吸を行うのだとか。


ヨガは本来修行の手段であり、自分の精神を高みに届けるために行うものです。
ウィキペディアの解説によると「解脱、すなわち個体魂の神への結合を実現するための実践体系」なのだそうです。


かなり崇高な領域に入ってますけど、現代ではエクササイズの手段としてのヨガが日常生活の一部になっていることもあります。


もっとも親しまれているところでは現在流行中のホットヨガでしょう。
温度が40度弱、湿度65%ほどの室内でヨガのポーズをとるエクササイズで、新陳代謝の促進や脂肪燃焼効果が期待できるとあって、芸能人から一般の人まで女性を中心に大変な人気があります。


修行のヨガやホットヨガなど、ちょっと構えた感じにならなくても、日頃のちょっとした場面で深い呼吸をすることは精神を平静に保つ大きな助けになります。

私も朝から時々実践しており(習慣化していませんが・・・)、ササくれた心がしっとり落ち着く感じになりますよ。


さすがに「解脱」とまではいきませんが、精神のブレが少なくなるのは間違いありません。


健康ブログ人気ランキングへ






: | ページトップへ