トップページ >生活習慣病> 糖尿病とは 1型・2型など

糖尿病とは 1型・2型など

いまさらの感がありますが、糖尿病とは血液中のブドウ糖(血糖)の量が増えすぎてしまう病気です。


ブドウ糖は本来人間の生命活動に欠かせない物質です。
食物が消化・吸収されブドウ糖になると、血液により全身を周り、細胞内に取り込まれて使用されます。


ブドウ糖が細胞内に取り込まれる際に使われるのが、すい臓から分泌されるインスリンというホルモンです。


すい臓の機能に生まれつきの障害があると、インスリンが不足して血糖値が上がり、糖尿病になってしまいます。
このように成人前に発症する糖尿病を1型糖尿病といい、年間500人ほどが発症します。


対して、インスリンは分泌されているのに血糖値が高いまま、というケースがあります。
これはインスリンの効きが悪くなっている状態であり、「インスリン抵抗性」と呼ばれます。

インスリン抵抗性がついてしまうと、すい臓は「インスリンがまだ足りない」と勘違いして働き続けることになってしまいます。


すい臓のオーバーワークが続くとすい臓が傷み、ますますインスリンの効きが悪くなります。

このようにして起こる糖尿病を2型糖尿病(成人後に発症します)といい、現代の日本では糖尿病の9割以上を2型が占めています。

2型糖尿病には、すい臓の働きが落ちてインスリン分泌量が低下するケースもあり、遺伝による体質なども関係すると考えられています。


すい臓は一度ダメージを受けると回復しないと言われています。
また、糖尿病患者にかかると10年早死にする、あるいは寿命が平均寿命より3割減などと言われることもあります。


楽天の糖尿病検査キット一覧
購入者の感想も紹介されています。
「デメカル」のキットは評価が高いようです。



健康ブログ人気ランキングへ






: | ページトップへ