トップページ >外国の健康トピック> 減少し続けるアメリカのがん死亡率

減少し続けるアメリカのがん死亡率

アメリカの対がん政策は着実に効果を上げているようです。

07年10月15日に米国がん協会が発表した調査報告によると、02~04年のがん死亡率は年間平均2.1%低下したそうです。


1%あたり5000人にあたるそうなので、年間1万人以上の人が、がんによる死亡をまぬがれた計算になります。


アメリカでは1970年代から「ヘルシーピープル」というガン対策国家プロジェクトを進めています。
その結果アメリカでの心筋梗塞の年間死亡率は三分の一になり、ガンの死亡率は94年から減少が続いているのです。


「ヘルシーピープル」で心がけられたのは、

・喫煙をしない
・野菜を一日350グラム以上摂取する
・これまでより一日あたり千歩多く歩く

といったことです。


日本でも喫煙率は下がっているようですが、女性の喫煙率はあまり下がっていないのではないでしょうか。
私個人の印象としては、タバコを吸う女性はむしろ増えているという感じです。


またアメリカでは10年以上前からがん対策にさらに力が入れられ、マンモグラフィーの普及や適切な治療、スクリーニング検査技術の向上などが奨励されました。


これらの政策により、93年~02年までのがん死亡者年間低下率は1.1%でしたが、今回は低下率がほぼ2倍になり、大幅に改善されたと言えそうです。

しかし、アラスカの原住民やネイティブアメリカンの人々には目立った改善は認められなかったようです。



健康ブログ人気ランキングへ






: | ページトップへ