トップページ >骨・関節> 骨粗しょう症と年齢の関連いろいろ

骨粗しょう症と年齢の関連いろいろ

骨粗しょう症を防ぐには、骨密度が重要だということはある程度常識になっています。

骨密度の増加量が最も増えるのは成長期である10代半ばです。


この時期にカルシウムをしっかり摂り、骨に刺激を与える適度な運動をすることが非常に大事です。


その時期以降、つまり18歳ごろから40歳までは骨量が大きく増加することはあまり期待できません。
(全く増加しないというわけではないようです)
その後は年齢と共に骨量は徐々に減っていきます。


女性の場合は、閉経期の五年ほどの間に年平均3%の割合で骨量が減少すると言われています。
これは急激な減少であり、この時期には骨粗しょう症の発症率が一段と高くなります。


現在日本には骨粗しょう症患者が1000万人いると推定されており、女性は男性よりも若くして発症します。


骨粗しょう症は女性の症状というイメージがありますが、80歳代では男性も約半数が骨粗しょう症になっています。
対して女性は70歳代で約半数が骨粗しょう症と考えられています。


若い時期の女性はダイエットを意識しがちですが、骨量を増やす時期に過度なダイエットをするのは良くありません。


三食をきちんとバランスよく取ることは後々の骨の健康に関ってくるのです。
また、骨量を増やすには骨に適度な「衝撃」を与えること、つまり運動が大事になってきます。

個人的にはジョギングがいいんじゃないかなと考えています。
走るときに脚にかかる衝撃が骨へのちょうどいい刺激ではないかと。


健康ブログ人気ランキングへ






: | ページトップへ