トップページ >生活習慣病> 胆石について。胆石に良い食べ物など

胆石について。胆石に良い食べ物など

胆石の一番の原因になるのは食生活の乱れです。

脂肪の摂取量が多かったり、食物繊維が不足気味、あるいは食事の間隔が長すぎる(朝食をとらない、など)と胆石ができやすくなります。


胆石は肝臓から分泌される胆汁が胆のうなどで固まったもので、最大の要因はコレステロールです。


脂肪分の多い食事を続けたり、アルコールをたくさんとりすぎると胆汁の中のコレステロール比率が高くなって固まりやすくなります。


また天ぷらなどの油物を食べると胆のうが縮んで、できた胆石が胆のうの出口に詰まりやすくなることもあります。
こうなると激しい痛みを伴います。


梅酢や梅肉エキスを飲むと、胆石の発作がやわらぐとされています。
また梅には肝臓や胆のうの働きを活発にし、胆汁の分泌を促す作用があります。
胆石が生じたり、大きくなることを防止する効果もあるそうです。


胆石が気になる場合以外でも、梅(干し)は健康に良い食品としておすすめです。


(ちなみに、管理人は梅干しのことを「1・2を争う健康食品」と考えています。健康に関するいろんな資料を読んでると、「健康のために食べている食品」として梅干しは最も多く目にすると思います)


大根の煮物など、食物繊維が豊富な食べ物も胆石対策として有効です。


現代では胆石の種類によって、薬や衝撃波などいくつもの治療法が発達していますが、何よりもまずは食生活を見直して予防することが第一です。


肥満気味であれば特に注意すべきでしょう。


健康ブログ人気ランキングへ






: | ページトップへ