トップページ >> 胃潰瘍の民間療法や改善のための生活習慣

胃潰瘍の民間療法や改善のための生活習慣

胃潰瘍民間療法では、ジャガイモを勧めています。

ジャガイモに豊富に含まれているビタミンCが胃粘膜を保護してくれるからです。


またジャガイモのビタミンCはでんぷん質で保護されているので壊れにくいのです。
生のまますりおろして汁を飲むか、フライパンで焼いて食べても良いでしょう。


胃潰瘍の改善・予防で心がけるべきこととしては、次のようなものが挙げられます。

・お酒の飲みすぎをやめる。
・食事は規則的に食べる。
・食事には時間をかける。早食いはだめ。
・間食や睡眠前の食事は胃酸の分泌を増やすので厳禁。


胃潰瘍は

「胃に穴が開いて激しい痛みと共に出血して、下血や場合によっては吐血もある」

といったイメージがありますが、実際には症状が全く無いことも非常に多いようです。
こうした胃潰瘍は検診の際に偶然発見されることがあります。


胃がんは一般に自覚症状が非常に少ない病気ですが、胃潰瘍が胃がんの兆候として表れることがあります。
しかし内視鏡検査では潰瘍が胃がんによるものかどうかは見逃してしまうことがあります。
胃の組織を調べる生検を行うと癌かどうかがわかるので、気になるときは生検も受けておくと安心です。


食前に腹痛があると十二指腸潰瘍で、食後に腹痛がひどくなる場合は胃潰瘍であることが多いと考えられます。


ピロリ菌は胃潰瘍を引き起こすとして知られています。
ピロリ菌を胃から除去すると潰瘍の発生が抑えられるのは確かですが、ピロリ菌を除去したことによる副作用も確認されているので注意が必要です。


健康ブログ人気ランキングへ






: | Tb (0) | ページトップへ