トップページ >呼吸器系> COPDのチェック項目 タバコを吸ってるなら、こんな症状はありませんか?

COPDのチェック項目 タバコを吸ってるなら、こんな症状はありませんか?

COPD(慢性閉塞性肺疾患)とは、主に喫煙が原因で肺の機能が低下し、酸素を体内に十分吸収できなくなる症状です。


COPDになると息を吐きづらくなります。
そのためほんの少しの運動で息切れしたり、セキや痰が頻繁に出るようになります。
禁煙しないまま放置すると、息苦しさから生活に支障がおきます。


COPDが疑われるチェック項目には次のようなものがあります。

・セキ・痰が多い。
・一日何十本もタバコを吸っている。
・何十年間もタバコを吸っている。
・階段や坂道を登ると息が切れる。
・同年代の人より歩くスピードが遅い。
・息を吐くときに無意識に口をすぼめている。

こういった項目にあてはまる場合、禁煙と同時にすぐ呼吸器科を受診しましょう。


05年の時点で世界的に患者が急増しており、日本では患者数が500万人に達しています。
WHOによると、世界では年間300万人がCOPDにより命を落としており、今後10年間でさらに30%死亡者が増加すると考えられています。


COPD患者の90%は喫煙者であり、喫煙者のCOPD発症率は非喫煙者に比べて6倍に達するそうです。
喫煙者の10~15%がCOPDを発症し、高齢者ではCOPD発症率が50%近くにまで跳ね上がります。


喫煙以外には、大気汚染、化学物質の吸入、小児期の肺炎・気管支炎、遺伝といった原因が考えられています。


COPDは症状が進むと気道が破壊されてしまうため、治療不可能となってしまいます。
禁煙して症状を進行させないこと、薬物や酸素療法により症状を緩和するといった対処しかできなくなるのです。

こうなる前に、何はともあれ禁煙することが必要です。


健康ブログ人気ランキングへ






: | ページトップへ