トップページ >肥満・ダイエット・スタイル> アメリカでついに抗肥満薬「アリ」発売 効果や飲み方など

アメリカでついに抗肥満薬「アリ」発売 効果や飲み方など

アメリカでついに抗肥満薬が発売されるようです。


FDA(米食品医薬品局)が「アリ」という商品名の抗肥満薬の販売を許可しました。
07年の夏ごろにはアメリカの薬局に並ぶそうです。

FDAが許可したということは、効果はもとより安全性にもお墨付きを与えたということになります。
米国ではかなりの話題になっているのだとか。


「アリ」は脂肪が体内の臓器に沈着するのを防ぐ効果があり、三食ごとに服用します。


ただし、ひとつ私がポイントだと思うのは、この薬は食事制限と並行して使用する点です。
半年間で2.3kg~4.6kgほどの体重減少が期待できるとのこと。


食事制限+薬服用して半年に5kg弱減量ですか…。

いまいち効果がパッとしないような気も。
食事制限できるのなら薬は必要ないのではという気がするのは私だけ?

日本でも発売されるのでしょうか?


私はアメリカに行ったことはありませんが、いろんな情報に接していると「アメリカって日頃から食べすぎだろ!」感じることがあります。


カロリー過多な食事が習慣で、いわゆる「アメリカンサイズ」が普通になってるのです。
私からすると「常に食べすぎ」状態に見えます。


旅行などでアメリカを訪れた人から、「レストランなどで出てくる料理のボリュームに圧倒される」という話をよく聞きます。


肉でもパンでも、ひとつのサイズが大きく、さらに「これでもか!」というくらい出てくるのだとか。


病的な肥満であれば薬を使う必要があるかもしれませんが、一般の肥満を防ぐにはとりあえずカロリー制限をすることが先決ではないでしょうか?


アメリカ人はなぜ肥るのか (日経プレミアシリーズ)
アメリカ人はなぜ肥るのか (日経プレミアシリーズ)


健康ブログ人気ランキングへ






: | Tb (0) | ページトップへ