トップページ >毛髪> フィナステリド(プロペシア)の効果や副作用、注意点など

フィナステリド(プロペシア)の効果や副作用、注意点など

フィナステリドは、男性型脱毛症に効果が認められている医薬品のひとつです。


日本では「プロペシア」という商品名で萬有製薬が処方内服薬を発売しています。

萬有製薬のデータでは、プロペシアの効果について


・一年間服用した場合の男性脱毛症(中程度まで)改善率は54~58%
・三年間服用した場合の改善率は78%、進行が止まったのは98%


と公表しています。


プロペシアを服用する際には次のような注意点があります。


・用法、用量を守る
服用は毎日1錠ずつ。2錠飲むなど、量を増やしても効果は変わらない。

・気長に継続して服用する。
効果が表れるのは早くても6ヶ月、通常は10ヶ月~1年ほどかかる。


プロペシアを服用しているとまれに次のような副作用が見られます。


・胃腸の調子が悪くなる。
・性機能が低下する。
・皮膚が過敏になり、かゆくなる。


こういった副作用が起こることは少ないですが、気付いた場合は早めに医療機関に相談しましょう。


フィナステリドは、本来前立腺肥大症の治療薬として開発されました。

その後男性型脱毛症にも効果を発揮することが発見され、97年12月にはFDAがフィナステリドを男性型脱毛症の治療薬として認可しています。


「薄毛の進行を止める」という効果については、98%の人に3年間効果があったそうです。


国内の臨床試験では半年で48%、1年で58%、2年で68%、3年で78%と服用が長くなるにつれて髪の毛も増えることがわかっています。


ちなみに海外の調査では、ミノキシジルを配合した育毛剤を併用するとさらに効果が高くなるそうです。


水道橋博士 おすすめセット(プログノ126EXシャンプー200ml + プログノ214ヘアプロテイン100ml)
水道橋博士 おすすめセット(プログノ126EXシャンプー200ml + プログノ214ヘアプロテイン100ml)


健康ブログ人気ランキングへ






: | Tb (0) | ページトップへ