トップページ >手・腕・爪> 爪水虫の症状や特徴について

爪水虫の症状や特徴について

爪水虫は爪の中にカビの一種、白癬菌が感染することでおきます。


爪はケラチンというたんぱく質でできていて、白癬菌はケラチンを溶かす酵素を出して爪の先や表面から入り込みます。


侵入した菌がケラチンを栄養にして広がると、爪が白や黄色に濁り始めます。
さらに症状がすすむと爪は厚くなり、内部はスカスカになってきます。
ぼろぼろと崩れることもあります。


爪水虫は気づくのが遅れ、放置しがちになります。その大きな原因は爪水虫にかゆみなどの自覚症状が少ないことにあります。


水虫がかゆいのは菌がかゆみ成分を出し、それを排除しようと身体が反応するからです。
爪の中ではそういう反応が起きません。
水虫による変色を、外傷と勘違いすることもあります。


よって、そのまま放置することで足から爪、爪から足、あるいは家族にも水虫がうつる可能性が高くなります。


水虫感染を防ぐ最大のポイントは「乾燥させる」ではないでしょうか。
これは足および靴の両方に言えることで、特に靴は湿気がこもりがちです。
足は大量の汗をかきますし、湿気が逃げにくい革靴やブーツは特に水虫になりやすい環境にあると言えます。


同じ靴を続けて履くのではなく、いくつかをローテーションさせて常に乾燥した靴を履くように心がけると良いでしょう。


白癬菌は日常生活で足に付着することがありますが、入浴時に指の間もよく洗い、お風呂から上がって足を乾燥させれば菌が増殖することはありません。



健康ブログ人気ランキングへ






: | Tb (0) | ページトップへ