トップページ >ゴルファー> ゴルフ杉原輝雄プロのトレーニング 腹筋・背筋・加圧トレなど

ゴルフ杉原輝雄プロのトレーニング 腹筋・背筋・加圧トレなど

ゴルフ界のドンと呼ばれる杉原輝雄プロ(1937年6月14日生まれ)は練習量の多さと激しいトレーニングを行うことで有名です。

07年1月現在で69歳の杉原プロが行っているトレーニングは、


毎日腹筋300回、背筋60回を3セット。
週に2回以上、6kgと15kgの負荷をかけてスクワット。


といったもの。

さらに、96年から始めた加圧式トレーニングのレベルは現在240です。
これはプロレスラーでもいきなりやるとキツいくらいのレベルだそうです。


杉原プロは06年のつるやオープンゴルフトーナメントで58試合ぶりに予選を通過しました。


この時杉原プロは68歳10ヶ月で、日本ツアー最年長記録であると同時にアメリカのサム・スニード選手が達成した67歳2ヶ月も上回る偉大な記録です。


さらに07年9月の日本プロゴルフゴールドシニア選手権では、最終日にエージシュート(ゴルフの1ラウンドを自分の年齢と同じ打数かそれ以下で回ること)を達成して優勝しています。


「生涯現役」を標榜し、シニアツアー・レギュラーツアー共に出場を続けており、今シーズンも杉原プロはエージシュートを狙っています。


杉原プロは前立腺がんを患っているのですが、ゴルフができなくなるからという理由から手術を受けていません。

投薬治療を続けることで症状を抑えこんでいます。




『書斎のゴルフ』特別編集 杉原輝雄「ゴルフ上達100の言葉」
『書斎のゴルフ』特別編集 杉原輝雄「ゴルフ上達100の言葉」


健康ブログ人気ランキングへ






: | Tb (0) | ページトップへ