トップページ >ゴルファー> ジャックニクラウスさんのゴルフでのダイエット法

ジャックニクラウスさんのゴルフでのダイエット法

ゴルフ界で「帝王」と呼ばれるジャック・ニクラウスさんは、デビューしたころ常に体重が90キロ以上ありました。

ニクラウス家はドイツ系で、大食漢が多かったそうです。

本人も19歳で初めてマスターズに出場した時は寄宿舎でステーキ3枚を毎晩のように平らげていたとか。


ところが29歳の時、イギリスのライダー・カップに出場している最中に「それまで感じたことがないほどの疲れ」がいきなり襲ってきました。


とにかく体の芯から重く、疲れきった感じだったそうです。


そこからニクラウスさんは一念発起し、ダイエットに取り組みます。


家での食事量を制限し、ゴルフ場ではクラブを5~6本かかえ、常に走って移動しました。
18ホールを一時間で回ったのです。


その結果、体重は80キロ台前半で安定するようになりました。
ニクラウスさんいわく「多少の飛距離は犠牲にしたかもしれないがラウンド中に疲れを感じなくなった」とのこと。


考えてみると、ゴルフは1ホール300~400mほどを18ホール歩くわけですよね。

ということは、ラウンドあたり少なく見積もっても5kmくらいは歩くことになります。
これはかなりの距離と言えるのではないでしょうか。


一日に歩く距離の目安として「一日一万歩」とよく言われます。

成人男性の場合、一万歩歩くと距離はおよそ7kmになります。
ゴルフを一ラウンドプレーすると「一日一万歩」はほとんどクリアできるというわけです。


ゴルフのプレー自体も楽しいものですが、「ウォーキングを行っている」という意識も持つと一石二鳥ではないでしょうか。


ゴルフ腰・筋肉痛を治す―無理のないスイングで長く続けるゴルフ
ゴルフ腰・筋肉痛を治す―無理のないスイングで長く続けるゴルフ


健康ブログ人気ランキングへ






: | Tb (0) | ページトップへ