トップページ >ゴルファー> 横峯良郎さん「日本の食生活は添加物まみれ」

横峯良郎さん「日本の食生活は添加物まみれ」

プロゴルファー横峯さくら選手の父親で、キャディー・指導をつとめる横峯良郎さんは「いまの日本の食生活は添加物まみれ」と警鐘を鳴らしています。

良郎さんによると、ゴルフや相撲で韓国・モンゴル出身の選手が活躍しているのは「天然のものを多く摂取しているから」だそうです。


生まれたときからの良い食生活が、優れた身体能力を生み出しているのだとか。


さらに「一流コーチの指導を受けたり、良い練習をしても日本人選手がいまひとつ結果を出せないのは食生活やライフスタイルに問題があるから」で、「コーチが良くても食生活が悪けりゃ結果は出ない」という考えです。


横峯良郎氏が娘のさくら選手と一緒に全国を転戦していた際には、キャンピングカーを使用して自炊していたことは良く知られています。


良郎氏自身が料理を手作りし、食べるものには気をつけていました。


清涼飲料水や袋菓子などを食べるのはもってのほか、という考えです。
(以前はさくら選手もお菓子類の間食を良く食べていて糖分の摂取が多く、肌が荒れたりしていたそうですが)


さくら選手が賞金を稼ぐようになってからは栄養士さんが食事を管理しているようです。


良郎氏が主催しているゴルフアカデミーには寮があり、寮の食事では玄米が出てきます。


食べてはいけない添加物 食べてもいい添加物 (だいわ文庫)
食べてはいけない添加物 食べてもいい添加物 (だいわ文庫)


健康ブログ人気ランキングへ






: | Tb (0) | ページトップへ