トップページ >毛髪> 女性の薄毛・年代別の原因など

女性の薄毛・年代別の原因など

大正製薬が2003年に実施した調査では、成人女性の約3割が薄毛に悩んでいるそうです。


35歳を過ぎるとその割合が急激にに上昇するのが特徴です。

女性でも40代半ば以降になると加齢による脱毛が増えますが、それ以下の年齢では脱毛の原因が多岐にわたるので育毛剤を使えば解決、というわけではないようです。


理由のひとつとして、生理不順、無月経などの症状がある時です。


この場合、女性でも男性型脱毛症を起こすことがあります。
体内で男性ホルモンが優位になるからで、皮膚科ではなく婦人科の受診を優先すべきでしょう。


ヘアカラー、パーマ液が合わず、頭皮が皮膚炎を起こして荒れているケースもあります。
フケ・かゆみがひどい、頭皮が赤くなっている、一部だけ髪が抜けるときは皮膚科に相談しましょう。


生理周期や頭皮の荒れが改善されてからはじめて育毛剤の効果が期待できます。
いまのところが最も有効な成分といわれている「ミノキシジル」配合の育毛剤を選ぶと良いでしょう。


女性の薄毛の原因は、栄養不足もあるのではないかと個人的には考えています。


女性はほとんどの場合でダイエットを意識しているので、たんぱく質が足りていないのではないかと思うのです。


ストレスや頭皮の荒れなども原因のひとつでしょうが、なによりも髪の材料になるたんぱく質が無ければ髪を作ることそのものができないですから。


薬用アデノゲン グレイシィ 150ml (資生堂 女性用育毛剤) (医薬部外品)
薬用アデノゲン グレイシィ 150ml (資生堂 女性用育毛剤) (医薬部外品)


健康ブログ人気ランキングへ






: | Tb (0) | ページトップへ