トップページ >> 食塩摂取量と胃がんの関係

食塩摂取量と胃がんの関係

健康食として世界中に知られている和食ですが、食塩摂取量が多くなりがちなのが注意点です。

塩分の多い食事を続けていると胃がんになりやすいことがわかっています。

日本は世界でも突出して胃がんが多く、同様に食塩摂取量の多いチリも胃がんの多い国です。


一日あたりの食塩摂取量13gの人が、3g少なくして10gにすると、胃がんの死亡率も3分の2に減るというシミュレーションがあります。


ところで、食塩摂取量が増えるとなぜ胃がんにかかりやすくなるのでしょうか?


疫学研究によると、高塩分食品を食べる人ほどピロリ菌の感染率が高いことがわかっています。


胃粘膜が塩分で破壊され(塩をかけられたなめくじが溶けるのと似たイメージ)ピロリ菌の持続感染や慢性炎症が起きやすくなるのです。


あれこれ健康情報に接していると、「食習慣としてはこれが最強じゃないか?」という理想像みたいなものが見えてきます。


私としては、この記事を書いている時点で最強だと思う食習慣は


「一昔前の日本の食習慣から、塩分を控えめにしてたんぱく質をプラスしたもの」


ではないかと考えています。

最近の日本の食習慣では脂肪分がちょっと多すぎる印象があるので一昔前の献立をメインにし、塩分を控えめにします。


和食にはご飯という非常に優秀な炭水化物源があります。


ご飯には塩分が非常によく合うので炭水化物と塩分の摂取量が増える傾向にあります。
そこで塩分を摂り過ぎないように注意し、たんぱく質を不足しないように補ってあげるわけです。


たんぱく質を十分に補給できていれば脳卒中の予防にも役立ちます。


がんが自然に消えていくセルフケア ―毎日の生活で簡単にできる20の実践法
がんが自然に消えていくセルフケア ―毎日の生活で簡単にできる20の実践法


健康ブログ人気ランキングへ






: | Tb (0) | ページトップへ