トップページ >花粉症> 北海道ではスギ花粉症の代わりにシラカバ花粉症に注意

北海道ではスギ花粉症の代わりにシラカバ花粉症に注意

函館などの道南を除く北海道の大部分には杉の数がとても少ないので北海道のほとんどの地域ではスギ花粉は問題になっていません。


そのため、「スギ花粉症の人の避難場所」として売り出す市町村もあるといいます。

しかし、スギ花粉症の代わりに「シラカバ花粉症」にかかるおそれがあります。


シラカバ花粉症はスギ花粉症と全く同じ症状で、いま北海道で大きな問題になっているのです。
本州同様、シラカバ花粉の飛散状況も発表されているほど。


北海道にスギは少なくても、シラカバは多いので、もともとアレルギー体質の人はシラカバ花粉症にかかる可能性も高いということです。


白樺花粉症にかかってしまうと果物などでアレルギー症状が出ることがあります。


これは白樺花粉に似たたんぱく質を持つ果物や野菜に対して、白樺花粉と同じようにアレルギー反応を起こしてしまうことが原因です。


白樺花粉症でアレルギー症状が出る食品としては、


リンゴ、西洋梨、モモ、さくらんぼ、マンゴー、キウイ、ニンジン、ジャガイモ、セロリ


などがあります。


白樺花粉症の人がこれらの果物や野菜を食べるとじんましんや鼻水、くしゃみ、口中の痛みなどのアレルギー症状が出ることがあります。


Noale(ノアレ) KW乳酸菌(タブレット) 30粒
Noale(ノアレ) KW乳酸菌(タブレット) 30粒


健康ブログ人気ランキングへ






: | Tb (0) | ページトップへ