トップページ >エイズ・性感染症> タイのエイズ患者数と対策など

タイのエイズ患者数と対策など

タイにはエイズ患者数が60万人(05年現在)いるといわれています。
(調査する機関によって数には差があるようです)


このような現状を受け、タイ政府は様々なエイズ対策を実行しています。


低所得者層にまでエイズ対策を充実させるため、タイ政府は05年10月から30バーツ(約80円)という安価でエイズ薬を患者に提供することになりました。


自国で生産したジェネリック薬を供給するそうです。


また、エイズの危険性を啓発するためのテレビCMも多く放送され、辺境の地方都市や村にも専門の指導員が派遣されてエイズの周知を行っています。


学校ではエイズに関する教育も積極的に行われています。


タイでの性風俗産業では、日本人の評判はあまり良くないそうです。

それは、日本人はコンドーム無しで行為を行おうとすることが非常に多いからで、エイズに関する知識が広まっているタイでは、「エイズがうつるんじゃないか」と不安視されているのだとか。


タイにはエイズ感染者が多いということは世界的に知られていますし、もちろん日本でもよく知られています。

ましてや、タイへ旅行に行くのであれば間違いなく目にするはずです。


それなのに、タイなど外国でHIV に感染する人は無くなりません。
これも人間の性(さが)というやつなのでしょうか?


今そこにあるタイのエイズ日本のエイズ
今そこにあるタイのエイズ日本のエイズ


健康ブログ人気ランキングへ






: | Tb (0) | ページトップへ