トップページ >エイズ・性感染症> 性感染症・コンドームで防げる・防げない 性病別に

性感染症・コンドームで防げる・防げない 性病別に

エイズのウイルスは体液と一緒に体内にうつります。

コンドームでペニスを完全に覆って、相手の体液に触れないようにすればウイルスの移動がなく、うつることはありません。


同様にクラミジア、淋菌の感染予防にもコンドームが有効です。


しかし、性器ヘルペスはコンドームを使用してもうつる感染症のひとつです。

性器の付け根などに小さなブツブツができて、ピリピリした強い痛みがあります。
症状が消え、治ったように見えても再発しやすい病気です。


しかし、自覚症状がハッキリしている分、性交渉が控えられることから感染が広がりにくいと考えられます。


結論として、コンドームはHIV を含む性感染症の予防には有効だと言えます。
とりあえずはコンドームを着けるようにするのが重要です。
(無闇に性交渉を持たないのが一番なのは間違いありませんが)


パートナーに感染の検査をしてもらえばさらに安心です。


日本でのHIV 感染者数は増え続けています。


管理人は熊本に住んでおり、「性感染症なんて東京あたりの出来事」という雰囲気が少なからずあるように感じます。

しかし当たり前のことですが、熊本含め九州でも性感染症は存在します。


特に若い世代にコンドームの有効性を周知させるための性教育はもっと積極的に行われてもいいのではないでしょうか。


楽天の性感染症検査キット一覧です
購入者のコメントも寄せられています。


性感染症 ストップHIV/AIDS―HIV/エイズを正しく理解するための本 (写真を見ながら学べるビジュアル版 新健康教育シリーズ)
性感染症 ストップHIV/AIDS―HIV/エイズを正しく理解するための本 (写真を見ながら学べるビジュアル版 新健康教育シリーズ)


健康ブログ人気ランキングへ






: | Tb (0) | ページトップへ