トップページ >呼吸器系> アレルギー性肺炎・加湿器肺とは 原因や症状など

アレルギー性肺炎・加湿器肺とは 原因や症状など

「加湿器」によって引き起こされる「加湿器肺」というアレルギー性の肺炎があります。

加湿器の水タンクなどでカビや原虫が繁殖し、それが蒸気と共に部屋中にばら撒かれます。


この空気を吸い込むことで悪寒や発熱といった症状を引き起こすものです。


水を入れ替え、タンクもこまめに洗浄していても、蒸気の吹き出し口にカビが生えている場合もあったりして油断できません。


屋外では体調がいいのに、加湿器をしようしている部屋の中ではカゼっぽくなるときは、加湿器肺である可能性があります。


私個人的には、加湿器の必要性を感じたことがあまりありません・・・。


加湿器は風邪やインフルエンザを予防する効果は非常に高いと思います。


しかし、加湿器を使用する場合は風邪やインフルエンザが非常に流行している期間だけに限るべきではないでしょうか。


紹介した加湿器肺だけでなく、部屋の中もカビなどが出やすくなるのではありませんか?
(あくまで推測ですが)


「冬になったら春までずっと暖房・加湿器を使う」というのはどうも賛成できません。
冬という、本来低温・乾燥している季節でもわざわざ高温・多湿にしているような気がして・・・。


ノドを使うのが職業(歌手やアナウンサーなど)の人がノドを保護するために一年中加湿器を稼動させているというのは理解できますが、それ以外のケースではあまり使わない方がいいと感じています。


SHARP プラズマクラスター搭載 デスクトップ用 加湿機能付イオン発生機 ホワイト系 IG-DK1S-W
SHARP プラズマクラスター搭載 デスクトップ用 加湿機能付イオン発生機 ホワイト系 IG-DK1S-W


健康ブログ人気ランキングへ






: | Tb (0) | ページトップへ