トップページ >エイズ・性感染症> エイズ・HIV感染者数など06年の世界の状況

エイズ・HIV感染者数など06年の世界の状況

06年12/1の世界エイズデーで世界におけるHIV感染状況が報告されました。

世界のHIV感染者は3950万人で、2年前に比べて260万人も増加しています。

年間の新規感染者数は40万人増の430万人、エイズによる死者は20万人増の290万人と推計されました。


HIV感染者は全世界で増加しています。


サハラ以南のアフリカが特に深刻な状況で、新規感染者は2年前より20万人多い280万人にも上り、累計感染者数は2470万人にもなるのです。


この地域だけで世界中の感染者の63%、エイズ死亡者の72%が集中しています。


東欧・中央アジアで顕著な増加が見られ、感染者数が140万人だった2年前から170万人まで増加しています。


日本を含む東アジアでも、中国での感染拡大などにより62万人から75万人に増えました。


感染者の内わけとしては、東欧と中央アジアでは三分の二が注射器による薬物中毒者、インドを除く南・東南アジアでは性産業従事者と客が二分の一を占めています。


日本ではHIV 感染者が増えていますね。

個人的に非常に気になっています。
性感染症の教育をもっと積極的にやるべきではないでしょうか?


性教育というと、どうも敬遠される傾向にありますが、遅かれ早かれいつかはわかってしまうことですし。


妊娠の意味(生物学的なことだけでなく、社会的な意味も含めて)や性感染症の怖さはしっかり教えるべきだと思うのですが。


ぼくは8歳、エイズで死んでいくぼくの話を聞いて。―南アフリカの570万人のHIV感染者と140万のエイズ孤児たち
ぼくは8歳、エイズで死んでいくぼくの話を聞いて。―南アフリカの570万人のHIV感染者と140万のエイズ孤児たち


健康ブログ人気ランキングへ






: | Tb (2) | ページトップへ

trackbacks

エジソン晩年研究とクイズミリオネア from エジソン晩年研究と霊界

エジソンの晩年の研究について、最近いろいろなところで話題となっていますが、この事はおそらくテレビのクイズ番組で 「エジソンが晩年の研究として取り組んでい...

エジソン晩年研究とクイズミリオネア from エジソン晩年研究と霊界

エジソンの晩年の研究について、最近いろいろなところで話題となっていますが、この事はおそらくテレビのクイズ番組で 「エジソンが晩年の研究として取り組んでいた...