トップページ >呼吸器系> 睡眠時無呼吸症候群の治療・CPAP 日本とアメリカの違いや検査キット

睡眠時無呼吸症候群の治療・CPAP 日本とアメリカの違いや検査キット

時に重大な事故を引き起こすおそれのある睡眠時無呼吸症候群は、日本にはおよそ200万人の患者がいるといわれています。


ところが、その代表的な治療法であるCPAP(鼻マスクにエアチューブを通し、空気の圧力で気道の閉塞を防ぐ)の治療を受けている人はわずか5~6万人とされています。


アメリカで同治療を受けている人は100万人を超えているので、日本でももっと周知が必要でしょう。


睡眠時無呼吸症候群は睡眠中に呼吸が停止する症状です。
夜間の眠りが浅くなるため、昼間に猛烈な眠気を感じたり、集中力が低下したりします。


肥満体で、睡眠中にいびきをかいていると睡眠時無呼吸症候群の可能性が高くなります。
大相撲の力士には睡眠時無呼吸症候群が多いそうです。


職業柄仕方のないこととはいえ、集中力を欠くなどして成績不振の原因になることもあります。


日本人の体型の特徴として、肥満でなくても睡眠時無呼吸症候群になりやすいといわれています。


長距離トラックや新幹線などの長距離鉄道を運転する職業の人が睡眠時無呼吸症候群の場合、仕事中に眠気を催して居眠り運転になり、大事故につながる場合があります。


睡眠時無呼吸症候群が疑われる場合は、減量するか、マウスピース療法などの対処を施します。
最終手段としては外科的に気道を広げる手術もあります。


耳鼻咽喉科、呼吸器科などで診察を受けられます。


睡眠時無呼吸症候群(SAS)検査キット
購入者のレビューも紹介されています。


楽天のCPAP装置一覧 価格が安い順
CPAP装置を価格が安い順番に紹介しています。この装置を購入するには医師の診断が必要です。


「睡眠時無呼吸症候群」(SAS)のすべて―21世紀の国民病
「睡眠時無呼吸症候群」(SAS)のすべて―21世紀の国民病


健康ブログ人気ランキングへ






: | Tb (0) | ページトップへ